• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

UFC日本大会は2020年の東京オリンピックイヤー!!■シュウ・ヒラタのMMAマシンガントーク
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

UFC日本大会は2020年の東京オリンピックイヤー!!■シュウ・ヒラタのMMAマシンガントーク

2018-10-10 11:09
    多くのMMAファイターをマネジメントするシュウ・ヒラタ氏が北米MMAシーンを縦横無尽に語りまくるコーナー。今回のテーマはUFC日本大会は2020年の東京オリンピックイヤー!!です!



    【1記事から購入できるバックナンバー】

    ・UFC日本再侵攻! 堀口恭司UFC復帰のタイミングはここだ!?

    ・【井上姉弟NYへ飛ぶ】海外練習の環境作りはここまでやります!

    ・【契約問題】アンディ・サワーもRIZINもやれることがあった

    ・格闘家の皆さん、契約書はちゃんと読みましょう!!




    ――前回の放送でUFC日本再上陸の話に触れてましたけど、WOWOWの中継が復活しましたね。

    シュウ 発表されましたね。昨年の話ですけど、UFCって経営陣が変わったじゃないですか。UFCからすればアジアは進出したいエリアの一つではあると思うので、現実に目覚めたんじゃないですかね(笑)。

    ――「現実に目覚めた」(笑)。以前WOWOWがUFC中継から撤退したのは、UFCの放映権料がバカ高くなったことが理由と言われてますね。

    シュウ UFCが求めてるような価値は今の日本にはなかったと。つい最近までUFCには面白いポリシーがあって。それは放映権料に関わらず、何か契約更新する際は前回の金額より上回らなければならない……という社内ルールがあったんですよ。

    ――安売りしないってことですね。

    シュウ でも、それって確固たるデータを基に要求するものじゃないですか。「去年より視聴率がよかった」とか「これだけのリターンがあります」とか。なんの材料がなくても「前の契約より高くないとダメ!」という社内ルールなので。

    ――ブラック企業の営業っぽいですね、それ(笑)。

    シュウ そのやり方によってUFCから離れてしまったスポンサー企業もあるんですよね。 あと、UFCでは会場の売店でその大会に出場した全選手がサインしたポスターが売り出されるんですけど、今まではナンバーシリーズだろうかFight Night大会だろうが、最低でもだいたい400ドルはしたんですよ。けど、これもFight Night大会は200〜300ドルに下がりましたからね。そういった細かい部分まで見ていくと、やはり新しいオーナーになって少しずつ変わったんだなあという印象は現場に行くたびに実感します。

    ――今回放送が復活したのは、UFCとWOWOWの金額が折り合った……ということなんですね。

    シュウ 明らかにそういうことですよね。WOWOWとしてもUFCはコンテンツとして魅力がありますし。UFCも再来年の東京オリンピックの年に開催する日本大会に向けて、来年2019年は地盤固めをしていくと。

    この続きと、追悼・輪島、天心vs堀口、修斗対談、マクレガーvsハビブ……などの記事がまとめて読める「10万字・記事20本の詰め合わせセット」はコチラ 
     
     
    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。