• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 本年もどうぞ「こうしす!」をよろしくお願いいたします。

    2018-01-16 20:40
    OPAP-JP 代表理事・「こうしす!」監督の井二かけるです。
    昨年は多くの皆様より暖かいご支援・ご協力を賜り、こうしす!第3話Part1を完成し公開することができました。心より御礼申し上げます。

    さて、あっという間に2018年になってしまいました。

    これが私にとって、20代最後の年明けとなります。集団的な自主制作アニメに関わり始めてから約10年、OPAP-JP設立から5周年。そして、2月で、こうしす!企画立ち上げから5周年を迎えます。

    あっという間です。とはいえ、30代が近づくにつれて、一気に体力や気力面で無理が利かなくなってきたのを感じます。この先、いかに長く、「こうしす!」やその他のアニメ作品を作り続ける仕組みをつくるか、というのが大きな課題だと感じています。

    そのような意味で、昨年は初めて企業協賛を募集し、「こうしす!」にとっては大きな進展となりました。無償のボランティア参加者だけでなく、有償での参加者を受け入れることが可能となりました。アニメーターの賃金問題が世の中で問題視される中で、これが十分であるとは決して口が裂けても言えませんが、理想には一歩近づけたと思います。

    さて、5周年ということで、ここまでの実績を簡単に振り返ってみたいと思います。

    「こうしす!」シリーズ全体では累計47万6千再生(LITEシリーズ含む)以上を記録しました。コメディ × アニメ × セキュリティ × 姫路 × 鉄道という超ニッチな分野で、他の追従を許していません。昨年はクラウドファンディングや協賛金の募集に挑戦し、成功しました。

    そして、OPAP-JPは自主制作の強みを活かし、以下のようなことを実現してきました。

    ・オープンソースアニメ(※)を実際に作ること
    ・1人1カットから気軽に参加できること
    ・オンラインで制作工程がすべて完結すること

    ※オープンソースアニメ=完成品だけでなく素材も公開し、誰でも自由に無償で利用できるアニメ作品のこと。


    ここから先は、いかに長く作品制作を継続できるかが勝負となります。
    そのためには、以下のようなことを実現していかなければならないと考えています。

    (1)ファン、支援者、そして参加者自身が、作品・素材を生活の糧にできること
    (2)業務委託ではなく職員を直接雇用できるような経営基盤を確保し、それを持続すること
    (3)組織として活動を継続できること

    残念ながら、OPAP-JPや「こうしす!」が勝負できる武器は多くありません。ただでさえコンテンツ産業は厳しいと言われる中で、ないないづくしのOPAP-JPが勝ち目を見出すことは困難です。しかし、オープンソースであるということは他にない有力な武器といえるでしょう。

    ◇従来の商業作品ではファンアートは黙認(または明示的に許諾があっても制限あり)
     →オープンソースアニメなら、ほぼ制限なくファンアートを作って楽しめる

    ◇従来の受託制作では関わった事すら公表できない場合がある
     →オープンソースアニメなら、自分の成果物を自分の実績として公表できる

    ◇従来の受託制作では自分の関わった作品を自由に利用できないことが少なくない
     →オープンソースアニメなら、自分の関わった成果物を自由に利用できる。商用も可。

    一方、従来の商業アニメが上記の点を実現するのは困難であり、ましてや丸ごとオープンソース化されるようなことは当面ないことでしょう。ここにOPAP-JPの優位性があるといえます。優位性が保たれているうちに、この優位性をもっと活用していかなければなりません。

    そんなわけで、OPAP-JPと「こうしす!」の挑戦はまだまだ続きます。

    今後とも何卒ご支援・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。


  • 【重要】OPAP-JP定款変更その他についてのお知らせとご報告

    2017-12-24 00:30
    OPAP-JP 代表理事の井二かけるです。
    いつも暖かいご支援・ご協力を賜り心よりお礼申し上げます。

    重要なご報告が3点ございますのでお知らせいたします。

    1.定款変更と法人番号について

    まず、去る2017年12月08日に当団体の定款を変更し、同13日に人格のない社団として法人番号の指定を受けたことをご報告いたします。

    新定款

    法人番号:6700150086572

    ※公表同意しておりませんので、国税庁の法人番号公表サイトでは検索できません。

    今回の変更の目的は、個人事業的な要素を排除し、人格のない社団としての要件を明確に満たすことです。これまでは、規約上、個人事業であるか、それとも団体であるかが必ずしも明確ではありませんでした。税務上の取り扱いも不明確であったほか、対外的な契約でも問題が発生しつつありました。今回の変更により人格のない社団としての規約面での整備が完了し、(法人ではないものの)法人に近い形での運営が行えるように改善いたしました。

    また、当団体の日本語表記の名称が複数存在する状態が続いておりましたので、今回の定款変更により正式に和文名称を「オープンプロセスアニメプロジェクトジャパン」と明記いたしました。

    定款変更にあたり様々なアドバイスを頂きました、弁護士の川内氏に心より感謝いたします。


    2.会費規程の変更について

    定款の変更に伴い、賛助会員規程を会費規程に統合しました。
    会費規程 

    会費についての変更はございません。
    当チャンネル会員は当団体の賛助会員に該当しますので、新定款も併せてご覧頂ければ幸いです。


    3.「こうしす!ch」の運営者変更について


    当チャンネル「こうしす!ch」の運営者につきまして、2017年12月22日付でチャンネル譲渡手続きが完了し、以下のように変更されたことをお知らせいたします。

    旧運営者:代表理事個人
    新運営者:オープンプロセスアニメプロジェクトジャパン

    あくまでも、実態に即するよう書類上の名義を変更したものですので、チャンネル運営内容に関して一切の変更はございません。これまで通りお楽しみ頂けます。

    これまでも当チャンネル「こうしす!ch」は、当団体(オープンプロセスアニメプロジェクトジャパン)が運営しておりましたが、書類上は代表理事個人のチャンネルとなっておりました。このため、次のような実務上の問題が発生しておりました。

    ・税務・会計の複雑化
     (代表理事個人が一旦預かった後に当団体に引き渡す運用としていた)
    ・代表理事が死亡した際や解任された際に、チャンネルを閉鎖しなければならない可能性があった

    今回の手続き完了に伴い、上記の問題が解消し、安定してチャンネル運営を行える体制が整いました。

    本件につきまして、ご理解・ご協力いただきました、株式会社ドワンゴのご担当者様には心より御礼申し上げます。



    お知らせは以上です。
    今後とも何卒よろしくお願いいたします。

  • こうしす!第3話Part2クラウドファンディング 目標額達成のお礼

    2017-11-18 11:30

    こうしす!第3話Part2のクラウドファンディングが目標額を達成しました。 10月31日の募集開始からわずか13日という、予想より遙かに短い期間での達成となりました。皆様の暖かいご支援・ご協力に心より感謝いたします。

    なお、2018年1月9日まで引き続きご寄附を募集しております。もし支援をご検討中の方がおられましたら、ぜひよろしくお願いします。

    クラウドファンディング実施ページ
    笑い×アニメでセキュリティ啓発 こうしす!第3話パート2制作(オープンプロセスアニメーションプロジェクトジャパン) - クラウドファンディング Readyfor (レディーフォー)