• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 上杉隆の「ニッポンの問題点」 『 オバマ大統領がヒロシマに来た本当の理由 』

    2016-05-29 15:005時間前
    391pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     
    上杉隆の「ニッポンの問題点」         
     
           『 オバマ大統領がヒロシマに来た本当の理由 』       
     
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     2004年、バラク・フセイン・オバマ上院議員は、大統領選に出馬する4
    年前のこの年、民主党大会の席上で次のように演説している。
     
    「黒人のアメリカも、白人のアメリカも、ラテン系のアメリカも、アジア人の
    アメリカもない。ただアメリカ合衆国があるだけだ」
     
     多様性を認め、平和を希求する……12年経った今でも、オバマ大統領のこ
    のポリシーに変更はない。
     
  • 上杉隆の「ニッポンの問題点」『 安倍首相がダブル選挙を決断する7つの理由 』

    2016-05-25 21:20
    391pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    上杉隆の「ニッポンの問題点」          

           『 安倍首相がダブル選挙を決断する7つの理由 』       

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     国会会期末を前にして、衆参同日選の突風が吹いている。

     永田町では「解散あり」の空気がすでに既定路線であるかのように囁かれて
    いた。

     ところが、サミット前日に「読売新聞」が〈同日選の見送り〉を一面トップ
    で打ったことで、この話は収束したかにみえた。官邸情報に関して「読売」が
    打てば、「ほぼ正確だ」というのがここ数年の傾向である。
     
  • 上杉隆の「ニッポンの問題点」 『 憲法論議が罪だった頃… 』

    2016-05-08 19:00
    391pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    上杉隆の「ニッポンの問題点」          

           『 憲法論議が罪だった頃… 』       

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     憲法論議が盛んだ。国会でも、メディアでも、学校でも、「護憲」「改憲」
    を問わず、さまざまな議論が飛び交っている。こうした傾向は安倍政権になって
    から顕著だ。安保法制などの成立により、世論を喚起したことも大きいのかも
    しれない。