• このエントリーをはてなブックマークに追加
【接続率1位でソフトバンクは最強キャリアになったのか】石川 温の「スマホ業界新聞」Vol.020
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【接続率1位でソフトバンクは最強キャリアになったのか】石川 温の「スマホ業界新聞」Vol.020

2013-02-02 23:45
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     石川 温の「スマホ業界新聞」

                                                      2013/02/02(vol.020)

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    《目次》
    1.孫社長「信じられないが接続率ナンバーワン」
    ━━ソフトバンクは最強のキャリアになったのか。
    2.「赤字でももっとお金使います」
    ━━田中社長肝いりプログラム「KDDIムゲンラボ」の現状
    3.「Xperia ZはGALAXY SIIIぐらい売りたい」
    ━━加藤社長がラインナップの絞り込みに言及
    4.今週のリリース&ニュース
    5.編集後記

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    1.孫社長「信じられないかも知れないが接続率ナンバーワン」
    ━━ソフトバンクは最強のキャリアになったのか。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     1月31日、ソフトバンクは2012年度第3四半期決算を発表した。第3四半期までの売上高は2兆5097億9000万円(前年同期比4.7%増)、営業利益は6001億4800万円(同12.6%増)。ソフトバンクではアメリカ・スプリントを買収するのに伴い、2013年度から国際会計基準(IFRS)を採用するという。また、孫社長は「来年の利益予想は8000億円の大台に乗る」と語り、NTTドコモと並ぶと明らかにした。

     今回、決算会見で特に強調されたのが、ネットワーク品質の改善だ。「つながるソフトバンクへ」というプレゼンでは、昨年7月に開始したプラチナバンドの基地局が、2012年度末までの計画であった1万6000基地局が2カ月前倒しで達成したとアピール。さらに、プラチナバンド開始後、音声通話の接続率が98.4%を達成し、NTTドコモ(98%)、KDDI(98.3%)よりも勝っている点が強調された。
     この数値は、イプソス株式会社が全国で調査をしたもので、月間13万件、各キャリアのユーザーに音声発信を行い、着信するかというのをデータ化したものだという。
     通信速度においては、速度測定アプリの結果や、第三者機関による調査結果を羅列して、KDDIよりも速いと力説。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。