• このエントリーをはてなブックマークに追加
【ドコモも嫌々やっていた?「NOTTV」がついに終了】 石川 温の「スマホ業界新聞」Vol.156
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ドコモも嫌々やっていた?「NOTTV」がついに終了】 石川 温の「スマホ業界新聞」Vol.156

2015-11-28 23:30
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    石川 温の「スマホ業界新聞」

                       2015/11/28(vol.156)

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    《目次》
    1. NOTTVが4年ちょっとでついにサービス終了へ
    ━━お荷物から解放され、さらに経営体制が強化されるNTTドコモ
    2. 総務省「料金値下げタスクフォース」が終盤に突入
    ━━有識者会議は、いったい何が「有識」なのか
    3.7万9800円のファーウェイ「Mate S」は誰がターゲットなのか 
    ━━「将来の買取価格」でスマホを買う時代がやってくるのか
    4.今週のリリース&ニュース
    5.編集後記

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    1. NOTTVが4年ちょっとでついにサービス終了へ
    ━━お荷物から解放され、さらに経営体制が強化されるNTTドコモ
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     NTTドコモは11月27日、スマホ向けマルチメディア放送「NOTTV」を2016年6月末で終了させると発表した。
     この話をドコモ関係者から聞いた時「ようやく、この時が来たか」と妙に納得してしまった。
     NOTTVといえば、免許割り当て当初、KDDI系のMediaFLO方式とNOTTVが使っているISDB-Tmm方式で熾烈な周波数獲得合戦をしていた時が、世間の注目を集めたピークだったように思える。
     当時、かなり取材をしたが、技術的にはMediaFLOが優勢だったように思えたが、そこは「海外企業に電波を渡してなるものか」として、日本のテレビ局やNTTドコモが結託して、全力で電波を死守しようとした結果がISDB-Tmmだったように思える。
     ただ、本当にNTTドコモが電波を欲しがったのかといえば、不透明な部分も多い。当時、関係者の間では「NTTドコモはフジテレビに配慮して、仕方なく電波獲得に参入している」と囁かれていたほどだった。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。