• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

【第310号】「愛の不時着」が大ヒットする理由
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【第310号】「愛の不時着」が大ヒットする理由

2020-10-05 07:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第310号 2020/10/5

    「愛の不時着」が大ヒットする理由

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    今回のヤンサンは「ザ・ボーイズ」と「愛の不時着」の解説でした。


    ザ・ボーイズの「ピントがあった現代性」に対して「不時着」の方は実にクラッシックな恋愛劇でした。


    見事にエンタメ化された「現代の朝鮮半島を舞台にしたロミオとジュリエット」になってます。




    今回詳しく語りましたが「愛の不時着」は「ディズニー的な演出」が実に目立つドラマです。


    深刻な現実を抱えた「現存する場所(朝鮮半島)」を、おとぎ話の世界のように演出することで、現実の国とは別のものに見えるようになっているわけです。


    面白いのは「不時着」の世界では、かつてのディズニー作品に出てくるような「理想の王子様」が出てくる事。


    この「王子様」の完成度がすごいのは言わなくてもいいでしょう。




    【重すぎた王子様幻想】


    ディズニーランドに行くと、何人もの小さな女の子が「お姫様」の格好をして楽しそうに歩いてる。


    目の前には大きなお城があって、パレードには素敵な王子様がいて、笑顔で手を振ってくれてたりする。


    そんなふうに沢山の少女が「私はお姫様」「いつか最高の王子様と出会える」と信じる仕掛けになっているのが「ディズニーの世界」だ。



    そこまでは微笑ましい「夢の世界」だけど、その後に訪れる「殺伐とした現実」を考えると、この刷り込みは中々にハードでもある。



    そもそも「誰もがお姫様なのです」というのは無理がある。


    そんなにお城は作れないし、お姫様が暮らすには大量の「僕(しもべ)」が必要だ。


    「王子になれ」と言われる側の男も、自分たちと同じ「平凡な普通の人間」なのだ。


    現代の女性は、こんな「当たり前の事」を認めるのに苦労させられてきた。




    ディズニー映画の制作陣もその問題には気づいていて、時代遅れになった「男まかせのお姫様幻想」から「1人の人間として明るく生きよう」というテーマに向かい始めた。


    それが「アナと雪の女王」だったわけだ。




    【愛の不時着という救済】


    そうは言っても「頼れる男」は欲しい。


    「王子様と出会う私」なんて、幻想だとわかっているのだけど、夢は見たいのだ。


    愛の不時着の1話に「パラグライダーが不時着して、大きな木にに引っかかったヒロインと北朝鮮の(イケメン)軍人が出会う」という印象的なシーンがある。


    この時のヒロインの「降りられない」という状況が現代の女性の「ある種の状況」を象徴的に示している。


    ヒロインは経済的に成功して「上の世界」にいるけど、自分では降りられない。


    降りられないのは「受け止めてくれる人」がいないからだろう。


    そんな「宙吊り」の彼女に男は「自分で降りろ」と命令し、落ちてきた彼女を体を張って受け止める。


    それが北朝鮮の軍人「リ・ジョンヒョク」なのだ。


    ディズニー映画が「まともな王子なんていません」と「アナ雪」で切り捨てた「王子様」がここにいた。


    どこにもいなかったけど、よく知らない国「北朝鮮」にはいるかも、というラインで復活を果たしたというわけだ。


    「少しも寒くないわ」と言ってはみたが、寒いものは寒いのだ。


    というわけで「不時着」は大ヒットしたのだと思う。




    【南北逆にすると見えてくるもの】


    このドラマは、韓国の女性が北朝鮮の男と出会う、という話だ。


    この設定を男女逆、南北逆、にしてみると、旧ディズニー映画の「シンデレラ」そのものになってしまうのが面白い。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。