• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

【第336号】「ちゃんとできない」という才能
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【第336号】「ちゃんとできない」という才能

2021-04-05 07:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第336号 2021/4/5

    「ちゃんとできない」という才能

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    【風呂に入れ?】


    風呂に入らない人がいる。

    こういう人達はある時期からずっと「迷惑な人達」と言われている。


    「モテたいならまず風呂に入れ」とみんな言う。


    風呂は気持ちいいし、清潔さは恋愛の基本。それくらいはできるだろう、という話だ。


    でも世の中には「それくらいの事」ができない人達がいる。



    確かに「臭い人」と付き合うのはきつい。

    最低限迷惑をかけない程度には清潔でいて欲しい。



    でも「清潔でおしゃれな自分でいること」だけが大切な事だろうか?


    ・・とも思う。




    【自分のことより大事なものがある人達】


    70年代までの男達は「自分の身なりよりも大事な事がある」と思っている人達が多かった。


    有名なのは松本零士さんの風呂嫌いだけど、トキワ荘の人達にも「風呂はめんどくさい」という人達がいる。


    「そんな事(風呂)より国の未来を考える方が重要ではないか!」

    という高潔な人達も確かにいただろう。


    でも実際は


    「そんな事よりも漫画を読んだり描いたりしたい」


    「そんな事よりもアニメ見たり模型作ったり写真の現像もしたいし、レコーディングも撮影もしたいし、今の映画も昔の映画も観たい、野球も相撲も釣りも鉄道模型も昆虫採集も気になる」みたいな人達が多かったのだと思う。


    そして「こういうクリエイター」は今もいるし庵野秀明さんはその代表格だ。


    庵野さんは肉や魚を食べないので、普通の人よりは「臭くなかった」そうなのだけど、とにかく風呂に入らなかったらしい。




    あの80年代おしゃれ思想の中心にいた坂本龍一さんも、かつては「お風呂入らない族」だった。


    坂本龍一さんの元奥さんだった矢野顕子さんは「もう臭いの!お風呂入んないの」と、当時の坂本さんについて語っている。




    【夢中の人】

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。