• このエントリーをはてなブックマークに追加
東洋哲学と西洋哲学の融合② 自己と社会の共通項、「真理と解放」を軸に人間解放の哲学を考える
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

東洋哲学と西洋哲学の融合② 自己と社会の共通項、「真理と解放」を軸に人間解放の哲学を考える

2014-04-24 22:12

    東洋哲学が自己の真理を探求することで発展してきたことは前回の

    <リンク>史上最強の哲学入門 東洋の哲人たちを読む 
    東洋哲学と西洋哲学が融合した人間解放の哲学が必要


    でお伝えした。

    西洋哲学が重視してきた社会解放(人権、民主主義)の哲学は、
    インドや中国、日本や東南アジアでは発展しなかった。

    逆に西洋哲学は社会開放の哲学を発展させたが、自己の真理の
    哲学はあまり発展させなかった。

    現在の日本および世界の社会制度は、自己の真理の哲学抜きの
    社会解放に基づく西洋の人権と民主主義を中心に作られている。

    しかし社会解放を行ってきたはずの自由民主主義には
    国際金融軍事権力の存在と通貨発行権の無意識化という
    盲点が存在した。

    その盲点によって「真理」が無意識化され操作されてきたのである。
    8dfeffbd713a39ff7b08efd190910f325d757879

    その結果、マネーの支配者が管理する社会によって様々な
    条件づけと洗脳が行われてきた。


    多くの人が「私は何々である」という概念で生きている。

    その自分の付属物をより社会的ステータスの高いものにする
    ために日夜悪戦苦闘している。

    では、その社会的ステータスとは何か?

    マネーの支配者が作り出した社会的価値感によって与えられる
    ステータスである。
    e6800c4cbc6521e06fc78f76a91a33e1aa833cd0


    操作される自由民主主義のもとで作られる拝金主義であり、権威主義。

    オバマ大統領のノーベル平和賞受賞や、全てが民営化され
    富のカースト制度が作られているアメリカ社会はその典型であろう。

    欧米が中心になって作り出してきた自己の真理抜きの社会解放は、
    マネーの支配者たちの権力を強化する都合のよい条件付けのシステムとして利用されてきた。

    これが現在の自由民主主義に住む人々の強迫観念を作り出し
    ている根源的な問題である。

    自由民主主義に住む我々は以下の制度的要因によって二重に
    追い立てられている。
    089586e44f59bae04671d124109b31ce5b5a5dae

    ・経済原理としての資本主義経済の強迫
    ⇒銀行業の貸付などによって通貨が作られる利子付きの借金通貨システム。
    借金返済のために国家も企業も個人も経済活動に追い立てられる。

    7f2749f2c71b62fc569bc4dc5fb49d844b99eb25


    ・政治原理としての民主主義政治の強迫
    ⇒自己解放の哲学無き社会解放の哲学によって作られた人権と民主主義。
    マネーの管理者に操作される通貨発行権なしの政治システム。
    自己解放の意識化が無いために「私は何々である」という社会的
    条件をつけることに強迫的に追い立てられている。

    5f24c0555c5191e9f6a8666c81615e0b48cd87ce


    通貨発行権の無い自由民主主義において、この二つの強迫観念が
    融合すると、国や企業のみならず人間までも商品化してしまう。

    国は、通貨を作れないので、国債の発行を行う
    その国債を購入をしてもらうために世界中の投資家に自己を
    アピールする。
    企業も同じ。

    人間までも「私は何々である」という条件づけ積極的に行い、
    マネーを稼ぐために商品化してしまう。

    その結果、人権と民主主義の人間本位制を唄う自由民主主義で
    起こるのは人間の商品化というマネー本位制である。

    b1a96e8c780ed099d26d78db11f8868a53237d4e


    「私は何々である」という自己に対する言葉と思考による条件付け
    に振り回される状況を克服するには、東洋哲学の社会からの自己
    解放の理論(縁起、空、無我、瞑想など)は極めて有効だ。

    1f7b904b6cee3dcbb9a61957cb04443cf84f5f56


    ここで一つ注意しなければならないのは、自己の真理も人間の
    尊厳から規制され発展させるべきであるということ。

    目指すことは様々な社会的条件に対しての「人間としての解放」
    であり、「人間からの解放」ではない。

    「人間からの解放」を意識化すると、ヒューマニズムの否定につな
    がりかねない危険性がある。

    仏教文明が強力な人権思想を生み出せなかったのも、自己の真理
    の意識化によって、
    「私は王族に非ず。私は奴隷に非ず。」
    という社会的条件の否定に留まらず、
    「私は人間に非ず」
    という概念をも肯定してしまう原理があった。

    人間から独立した自己からは、人類とその他の全てのものが
    相対化されてしまう。

    一方、キリスト教には非科学的な要素は多々あれど、人類の絶対性
    を強調していた点で強力な人権思想を生み出す要素があった。
    (イスラム教は戒律が多すぎて近代の人権概念を作り出せなかった)
    01902b65976b177bb2b3430a270081efcb71d6db

    社会の真理と同じように、自己の真理も人間の尊厳の観点から
    規制されることを意識化し、民主的価値と融合させるべきである。

    第一原理として自由、平等、友愛の統合状態の実現を目標として意識化し

    第二原理として、その目標に基づいて、自己と社会の真理を意識化し

    第三原理として、社会参加を行い、自己の解放と社会の解放を実践していく。
    2ce71de82dd0575be14b8919135cd9200103473c

    4fa9c6dbe6375ea5a9aa04294c96af62776af5bd


    この一連の流れによって東洋哲学が探求してきた自己解放の
    原理と、西洋哲学が探求してきた社会解放の原理が、
    「真理と解放」を共通項に「人間の尊厳」のもとで融合し、
    人間解放の哲学の原理が導き出される。

    これに政府通貨のモデルを付け足せば、現在の自由民主主義社会の二つの強迫観念である、

    ・政府に通貨発行権の無い借金通貨システム
    ・自己の真理抜きの社会解放を前提にした、マネー支配の条件付けに翻弄される自己

    から人類を解放するには以下のようなモデルになる。

    87d694e441a521835c054ed60a07ac68d69a2a45


    =============


    【募集】
     メールマガジン『マネーと政治経済の原理からニュースを読む』では
    皆様からの相談や要望を募集しています。
    どんな些細なことでも結構です。
    メルマガ上で天野統康がお答えいたします。
    家計や政治経済、金融商品の問題で質問したい方は下記からメールをお送りください。

     応募はこちらから。http://ch.nicovideo.jp/letter/ch2526055




    お金と政治と経済ってどれも難しい。
    日々のニュースを見ても何故そうなるのかがよくわからない。
    その原因や背景を理解できるようになりたい!

    そのようにお考えの方は是非、下記のリンク先の無料セブン
    ステップメールにご登録ください。


    豊富な資料図解付きで、誰にでも分かりやすく、複雑怪奇に
    見える現在の、お金、政治、経済、生活の仕組みの秘密を
    お伝えします。


    毎日1回。合計7回に渡って貴方のメールボックスに送信されます。
    0790efa4150ce5f3c463dcb82f6e28d977ef5588
    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


    6a4fb4f508be96aab7e7c528bb4c42f4f47b1ba9



    【成甲書房からの内容紹介】

    そうだったのか!マネーと民主主義、すっきり分かる!お金の秘密、世の中のカラクリ。
    とっても重要なのに、あなたはなぜか知らされていません!
    マネーがどのように生まれ、どのように無くなるのか、どのような性質を
    持っているのかを理解していますか?
    複雑怪奇に見える金融システムがひと目でわかる図解解説版。
    こんなに簡単に読める金融の本は今まで見たことがない!。
    本書ではどのようにしてマネーと民主主義が生まれたのか、
    社会派ファイナンシャルプランナーの天野氏が、マネーの支配者によって
    民主主義と経済が操作され、利用されてきたのか、
    さらにはその克服方法までを分かりやすく記述していきます。

    ==================

    アマゾン・ランキング「一般・投資読み物」部門 第1位
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。