• このエントリーをはてなブックマークに追加
日銀の金融政策の結果、必然的に富の格差が拡大。日本の百万長者、アジアで最も速く富を増す
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

日銀の金融政策の結果、必然的に富の格差が拡大。日本の百万長者、アジアで最も速く富を増す

2014-10-23 00:05

    =======================

    ■セミナー・勉強会情報

    <リンク>10月25日 ワールドフォーラムで講演「人類解放の手引き 人類を自在に操作したマネー権力の魔術」

    e48387a5453b391b5a079952f586ae3cd0700da1





    ■無料セブンステップ

    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


    ■本→
    <リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円



    ■Youtube https://www.youtube.com/user/07amano/videos



    ■Twitter
    https://twitter.com/amanomotoyasu



    ■HP<リンク>天野統康FP事務所 ホームページ


    ■ブログ<リンク>
    天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論
      


    ===========================

    「今回の記事」

    98b966e8953961302f0899441e2076904a53b43a

    (ボイスオブロシアより転載)


    ・日本の百万長者、アジアで最も速く富を増す

    資産100万ドルを超える富裕な日本人の合計資産は
    昨年から24%増大し5兆5000億ドルに達した。
    アジア太平洋地域で最高の成長率だ。
    本人ミリオネアの数は2013年の一年で22%増加し、230万人となった。

    背景には安倍晋三首相の経済成長回復政策の枠内で日本銀行が
    実施した前例のない刺激策により昨年一年間で日本の金融市場が
    急激な離陸を成し遂げたことがある。
    日本のTopix指標は2013年の一年で51%増大した。
    http://japanese.ruvr.ru/news/2014_10_21/278997715/

    (転載終了)


    アベノミクスの第一弾の矢である日銀の金融緩和政策
    は景気的には行わないよりは行った方が良かったのは確かである。

    しかし、その副作用として現れたのが株式市場の上昇による
    持つものと持たざる者の格差の拡大だ。

    これは日銀の金融緩和政策がもたらす必然的な、つまり科学的な
    法則の結果だった。

    また先日、FRBのイエレン議長が米国の貧富の格差を懸念するなどと
    述べ、教育や起業の門戸を解放することが必要などと述べた。

    しかし貧富の格差の元凶はFRBという民間が所有する中央銀行
    システムにある。

    国際銀行財閥の巧みなコントロールで超格差社会に誘導される
    日米両国の共通している社会現象と、株式市場に与える影響をお伝えする。


    6c8cbd48452a992e6417a7553ac7a48d2a7252fb


    (以下有料)

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。