• このエントリーをはてなブックマークに追加
遂に米国の議会が、「民間が所有する中央銀行FRB」に圧力をかけ始める 政治経済と家計への影響について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

遂に米国の議会が、「民間が所有する中央銀行FRB」に圧力をかけ始める 政治経済と家計への影響について

2014-11-23 21:28

    =======================

    ■HP
    <リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 


    ■無料セブンステップ

    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


    ■本
    <リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円



    ■Youtube
    https://www.youtube.com/user/07amano/videos



    ■Twitter
    https://twitter.com/amanomotoyasu



    ■ブログ<リンク>
    天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論
      


    ==========================

    【今回の記事】

    「米議会、FRBに圧力 共和、外部監査求める 民主の一部 人事、透明に
    日本経済新聞 2014年11月21日」

    民間が所有する中央銀行FRBへの政治介入を求める圧力が
    米国の議会において高まっている。

    共和党はFRBの金融政策に議会機関による外部監査を義務付ける法案
    などを提出する構え。

    民主党も、FRBの人事に政府がより介入できる法案を提出した。

    共和党、民主党ともにFRBという国際銀行財閥・金融軍事権力が管理する
    民間機関への政治介入を強めようとしている。

    世界の基軸通貨ドルを巡る金融権力と政治権力の戦いが顕在化してきた。

    この流れの背景と政治経済・家計への影響をお伝えする。


    4305bb66eb3953f4e822f1d64b87cdbc812c8eef


    <関連リンク>昨日の勉強会「FRBを廃止せよ~新しい政治運動の提言~」の報告 今回の内容と今後の予定について

    (以下有料)

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。