• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ヴァーチャル・リアリティは「自分自身からの解放」をもたらすのか?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ヴァーチャル・リアリティは「自分自身からの解放」をもたらすのか?

2018-02-08 02:31
  • 1
 「おじさんが心の中の美少女に気づくとき~VRが導く「外装からの逸脱または解放」(https://togetter.com/li/1196771)」というまとめが面白い。

 つまりはVRで美少女になり切ることによって、現実世界ではどうしても付きまとう「外装の呪縛」から解放されるという内容なのだけれど、『ソードアート・オンライン』というより柾悟朗の『ヴィーナス・シティ』めいた話だと思う。

 いくつもの意味で興味深い。このまとめでは、50代の男性が「初音ミクとしての自分」に目覚めていくプロセスが綴られているのだが、はたしてぼくなら、「VR内での初音ミクの肉体」を「自分」として感じられるだろうか。

 あるいは、どんなに自由に動かせたとしても、あくまでそれは「他者」としてしか感じられない気もするのだ。

 あるいは、仮にVR内のミクを「自分」として感じられたとしても、そこから現実世界に「帰還」したと
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
海燕さんの絶望を、僕は正面から否定します。
確かに、他者となって獲得した成功は、自分ではなく他者のものなのかも知れません。
でもその時の成功体験は、紛れもなく自分のものです。そんな体験の蓄積は、現実世界の自分とは無関係なのでしょうか。

深くは言及しませんが、プリパラの大神田グロリア校長のように、現実では交わるはずのなかった接点によって、仮想現実が自分を変えることもあるはずです。
18ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。