• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

『銀英伝』は短編でできている。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『銀英伝』は短編でできている。

2018-05-11 03:04
     小説を書きたい。物語を綴りたい。そう思うのですが、まともに成功した試しがありません。

     まあ、才能がないのはしかたないにしろ、なぜここまでうまくいかないのだろう?とずっと考えていたのですが、ある本を読んだところ、「物語を「あらすじ」ではなく、キャラクターやイメージから作ろうとしているからだ」と書いてあり、あ、これだな、と感じました。

     動物が骨と肉でできているように、一般に物語は「あらすじ」と「細部」からできあがっています。

     もちろん、どこまでを「あらすじ」とし、どこからを「細部」とするかは恣意的な区分に過ぎませんが、この「あらすじ」から始める姿勢と努力がぼくには欠けていたようなのです。

     「あらすじ」にも色々と程度があるでしょうが、最もシンプルなものは一、二行程度にまとまります。

     たとえば、『ロミオとジュリエット』のいちばんシンプルな「あらすじ」は、「敵対しあう名家にうまれたロミオ
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。