• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

強烈! 濃密! 荒木飛呂彦『ジョジョリオン』が最高潮。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

強烈! 濃密! 荒木飛呂彦『ジョジョリオン』が最高潮。

2020-11-29 15:10
    q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B08

     荒木飛呂彦『ジョジョリオン』がクライマックスに到達しているように見えます。ほんとうにクライマックスなのかどうかはまだわからないのだけれど、とりあえずラスボス(?)らしき敵と戦ってはいる。はたしてどういう結末を迎えるのか、期待と不安が相半ばしています。

     『ジョジョの奇妙な冒険』第八部であるこの『ジョジョリオン』、あまり調べてはいませんが、おそらく賛否両論の評価なのではないかと思います。

     あいかわらず「ジョジョらしさ」は全編に横溢していて、「衰えていないなあ」と思わせる一方で、その内容は複雑で、難解で、正直、もう何をやっているのかよくわからない。

     主人公たちの「スタンド能力」にしても、もう何だかわけがわからないことになっていますよね。ちょっと一読しただけでは理解が及ばない感じ。

    d5319db8aa1277e698e57e909530ec0d8e06f494

     もちろん、世の中には読みやすくてわかりやすいだけではない傑作もありますし、それが一概に悪いというわけで
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。