• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【有料記事】バビロニアの女神の名を与えられた天才作家タニス・リー。(2061文字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【有料記事】バビロニアの女神の名を与えられた天才作家タニス・リー。(2061文字)

2012-09-22 00:05
    悪魔の薔薇 (奇想コレクション)

     1947年9月19日。

     この日付は記憶されるべきだろう。この日、世界は不世出の語り部を得たのだから。もちろん、そのときにはだれひとりそうとは気づかなかったことだろうけれど。その日生まれた赤子はタニスと名づけられた。タニス・リー、と。バビロニアの月の女神にちなんだ命名である。いかにもそのひとにふさわしい名前ではないか。

     やがて赤子は育ち、九つのとき、作家を志す。初めて長編を上梓したのは二十を三つ過ぎた頃。そして、その生涯の傑作といわれる『闇の公子』を生み落としたのは、さらにその数年後のことだった。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。