• このエントリーをはてなブックマークに追加
首振りDolls マンスリーインタビュー第15弾 ナオ編 第4回(全4回) 「コロナでのこの経験は、絶対に無駄ではなく、すごく大きなことを教えてくれた時間でもあったと思うし、無駄にしちゃいけない時間でもあると思っている。」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

首振りDolls マンスリーインタビュー第15弾 ナオ編 第4回(全4回) 「コロナでのこの経験は、絶対に無駄ではなく、すごく大きなことを教えてくれた時間でもあったと思うし、無駄にしちゃいけない時間でもあると思っている。」

2020-06-30 18:00
    bd61bee25f3c2d5ab35c63131bb91e05e55ff53b476640b669e4249c688b683eeafb76f6d68d9f2b


    新型コロナウィルスという怪物は、大きく世界を揺るがせ、人々の考え方すらも大きく変化させた。
    “当たり前”だった日常や常識や感情が“当たり前”では無くなり、人々の目の前には、見つめ直すべき日常や常識や、新たに向き合い、作り出していかねばならない世界が広がった。
     人間が生きる上で必要なこととは何なのか?
     人間が生きる上で音楽とは、エンタテインメントとはどうあるべきなのか?
     誰もがこの期間に、それぞれの立場で直面する現状に自問自答したに違いない。
     そもそも“娯楽”の存在は、人間が生きる上で、空気や医療ほど必須なものではないのかもしれない。そう思うと、こうしてエンタテインメントに関わる仕事をする身としては、とても非力に感じてしまう。
     新型コロナウィルス感染症の拡大を受け、3月からライブ活動を中止してきた首振りDollsのナオも、今回の予期せぬ時間の中でいろんなことを考えたのだと言う。
     4月に誕生

    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2023/01/30
      予告!2月の「club Zy.チャンネル」
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。