• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

IKUOソロ・インタビュー! 第1回(全2回) 「お客さんの前で演奏するまでの過程も大事。そこだけはブレたくないですね(IKUO)」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

IKUOソロ・インタビュー! 第1回(全2回) 「お客さんの前で演奏するまでの過程も大事。そこだけはブレたくないですね(IKUO)」

2021-05-13 18:00

    60a1fca69a303e149f3f96593818aae614938531

    ベースプレイヤーとして、多くのセッションやサポートをこなし、一方ではBULL ZEICHEN 88やRayflowerのメンバーとしても活躍。さらにはソロ・アーティストやコンポーザーとしての側面も持つIKUOさん。そんな彼が【居酒屋はくえい】に初登場! しかも、この出演を機にHAKUEIさんとも初対面を果たしました。

    HAKUEIさん同様、多くの後輩に慕われるスーパーベーシスト、IKUOさんですが、今回初めてIKUOさんを知った方のために、インタビューを敢行。音楽愛に溢れる人柄を掘り下げてきました!(インタビューは2回にわたって掲載します)。

    Interview:海江敦士


    ――IKUOさんと言えば、ソロだけでなく、BULL ZEICHEN 88やRayflowerなどのバンド活動を含め、とにかくいろんなことをやられていますよね。 
    IKUO
    基本、ノンジャンルでいろいろやってます。ソロとしては2003年にデビュー(シングル「LONG WAY」をリリース)したんですけど、そこからソロ10周年のタイミングでアルバム(『R.E.D. ZONE』2014年)を出して、2019年にも『Easy come,easy core! !』をリリースしました。実はアニソンを歌ったり、作家活動もしているんです。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。