• このエントリーをはてなブックマークに追加
再掲ブログ「天の川」1976/09/@ペルーアマゾン河
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

再掲ブログ「天の川」1976/09/@ペルーアマゾン河

2016-10-31 19:00

    いつかもう一度行ってみたい場所

    天の川

    アマノガワ

    1976年の9月、乾期ペルーアマゾン河本流の中州で、
    釣った魚や、銃で撃ったワニ(禁止されていたが既に時効成立)を火で焼いて食べたことがある。 

    夜空には満天に天の川、
    同行者一行9人の車座になった脇、滔滔と流れる夜のアマゾン河、
    目の前には燃え盛る焚き火、炎の向こうは漆黒のジャングル、手には串刺しのピラニア。 

    よく考えたら、僕の心に天の川が住み着いたのはここからだった。 
    天空を端から端まで埋め尽くしている大量の星、空が見えないくらい。
    その輝く無数の星の真ん中、河が流れるように、白く渦巻くように、雲が覆いかぶさっているように、
    輝いて天の川があった。 
    ミルキーウェイでもコンデンスミルクのように濃いミルクだった。 
    天の川の真ん中に、真っ黒な、川を二つに隔てる闇があったなんて知らなかった。 

    ペルーのリマまでロス経由で多分22時間、
    そこからペルーアマゾンの港町イキトゥスまでプロペラ機で2時間、
    イキトゥスから地上を通って他の街に行きつくことは無い、道路が無いから。 
    川面に手がふれる位、喫水線が低いボートに乗ってアマゾン本流をさかのぼること3時間で、
    アマゾンジャングルインと言う、文字通りジャングルの中の掘っ立て小屋ホテルに着く。 

    夜の星々の光をジャマする人間の営みはまったく無い。
    太古の原始の時代の夜がそこにはある。
    空を見ている分にはこれが意外に明るい、でも地上のものを見ようとすると真っ暗で何も見えない。 
    地上は闇、天を仰げば真っ白な夢のような天の川。 

    いつかもう一度行ってみたい場所。 

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。