• このエントリーをはてなブックマークに追加
Wherever you are.
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Wherever you are.

2013-05-05 00:11
  • 6
(この文章と同一の内容をhideさん24hニコ生のトークイベントで話してしまったんだけど、せっかく書いたのでこちらもアップする事にします)

5/2、今年もご招待頂いたhideさんのフィルムギグに向かう途中、ツイッターで「hideさんの事はあまり詳しくないけど、行っても大丈夫ですか?」という趣旨のリプライをもらった。
僕は「詳しくないなんて羨ましい!あの衝撃を今から味わえるなんて」という趣旨のリプライを返した。

その途端、自分が初めてXを知った時の事やライブに行った事、Hide Your FaceやPSYENECEを聴いた時の事などがありありと思い出されて、そして今からそのhideさんのフィルムギグを観に行くんだと思ったら、急に中学生の時のようなワクワクが蘇ってきた。

15年前に始まり、この5/2という日には毎年色んな思い出と思い入れがある。しかしそういう思いの堆積はさておき、今自分が好きなアーティストのライブを観に行くという事をシンプルな喜びとして感じられるのが嬉しかったし、例え物理的な肉体としてのhideさんがいなくても、情報(この言葉の僕が使ってるニュアンスが伝わるか自信ないけど…、魂と呼んでもいいですね)としてのhideさんは世界に益々溢れてると思った。自然に言葉とメロディーが浮かんで来た。

Wherever you are,
You are with us.

hideさんが作る新しい音楽はもう聴けないけど、その続きは我々が作っていかなくちゃ、そして今僕にはそれが出来るはずだと、真剣に思った。思いから全ては始まるのだ。 
×
hideちゃんがCUTTくんを見つけておいてくれたことに、本当に感謝なのです。よろしくお願いしましたよ☆
86ヶ月前
×
あの時涙ぐんでたのを見て、私も泣いちゃったよwこんな格好いいアーティストがいたんだよ!って事を伝えて行きたいね。
86ヶ月前
×
私もhideさんのコト(Xのコトも)よく知らないです。
だから、かっとくんのLIVEへ行く度に『自分は場違いなんぢゃないかなー。何か浮いてる気がするなー。なんか申し訳ないなぁー。』と常に思ってます(;´_`)
でも、かっとくんの声に一聴惚れしてしまったので行ってしまうんですけど…。

でも、十数年経った今でも変わらず支持されて、且つファンが増え続けているような気さえするhideさんのコト、かっとくんを通じて知りたいと思いました。
2日のニコ生は、リアルタイムでは観れませんでしたが、ニコ生を観れる環境になく、泣く泣く諦めてたhideさんの大大大ファンの幼馴染みのためにTS予約をしてるので、幼馴染みの解説付きで(笑)一緒に観ようと思います :)
遅いけど、かっとくんやファンの方たちが受けた衝撃をワタシも感じれたらイイな。
86ヶ月前
×
自分の好きなアーティストを他の人が、聴きたいとか、いいねって言ってくれるとすごくうれしいんですよー。最近はCUTTさんをみんなに薦めてますが♪ 先輩がかなり気に入ってくれて、一緒にCUTT CUTT言ってる(笑)これから新に産まれてくる音楽を聴くのはほんと楽しみです^_^ hideさんにCUTTさんを見つけてくれてありがとうって言わなきゃ^_^
85ヶ月前
×
心強くて頼もしい!!ヽ(´▽`)/
って、勝手に誇らしくなりました。
いっぱい泣いていっぱい笑った、特別な数日間。
その一部分をCUTTさんと共有できたこと。
hideさんからのご褒美かな...なんて想ってます☆
兎に角、ありがとうございました!!
85ヶ月前
×
hideちゃんの『夢』の続きを見せてくれるのはCUTTくんしかいないと思ってるから、"CUTT's ROCKET"に乗っかってどこまでも行くよ☆彡
85ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。