• このエントリーをはてなブックマークに追加
2泊3日で青森県の不思議を旅する
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2泊3日で青森県の不思議を旅する

2016-09-09 00:02
    かつて「中央」から蝦夷と呼ばれた「辺境」の地、青森県。こうした「中央」と「辺境」の関係性は、現在にも残されている。たとえば2015年にセブンイレブンが初出店したニュースも記憶に新しいが、逆に言えば「辺境」だからこその独自文化がグローバリズムの波に負けずに残された土地でもある。しかし表面を撫でるように旅しただけでは、その特殊性はわからない。地層の下に隠された歴史を掘ったり、目立たないが重要な「この土地の現在」へ光を当てるには、ちょっと変わったスポット巡りが必要だ。そこで筆者が提案するのは、青森のミステリーに迫る23日の弾丸ツアー。3日で青森県を味わえる旅として、ぜひとも参考にしてもらいたい。

    文・写真=吉田悠軌

    text & photo by Yoshida yuki

     

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。