• このエントリーをはてなブックマークに追加
独ソ戦の転換期となった街、スターリングラードを歩く
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

独ソ戦の転換期となった街、スターリングラードを歩く

2016-09-15 12:51
    どこにある?スターリングラード

    スターリングラードは、現代では「ヴォルゴグラード」という地名に改名されています。
    ヴォルゴグラードは、ロシアの首都、モスクワから飛行機を使って南へ約2時間ほどの場所にあります。ヴォルゴグラードはカスピ海へ流れ出るヴォルガ川の沿岸にある街です。

    日本から行く最短ルートは、アエロフロートロシア航空でモスクワまで行き、ヴォルゴグラード行きの国内線に乗り換えます。毎日1便、成田空港からお昼前後に出発して、現地時間の夕方前にはモスクワに着きます。モスクワからヴォルゴグラードへは、毎日4-6便のフライトがありますので、日本を出たその日に着くことも可能です。


    スターリングラードの歴史

    ヴォルゴグラードの街が歴史上に登場するのは、16世紀のことです。当時の帝政ロシアが1589年に街を建設して、ツァーリツィンと呼ばれました。ヴォルガ川の婉曲部に位置するために、交通の要所として栄え、周辺民族の間で争いの対象となってきました。
    ce3194cb44b7e67090491b9a86cb219c36911021
    ※スターリンの彫刻

    ツァーリツィンは第1次世界大戦後のロシア共産主義革命で、帝政支持派(白軍)と革命派(赤軍)の争いの舞台となります。その時の赤軍の司令官が若き頃のスターリンでした。1920年革命派がツァーリツィンを解放し、1925年のソ連時代に「スターリングラード」と改名されました。さらに工業都市として整備され、第2次世界大戦では大激戦地となります。戦後、1956年のフルシチョフの「スターリン批判演説」を機に、ヴォルゴグラードと改名され今に至ります。

    1589年(帝政ロシア時代) ツァーリツィンとして街の歴史が始まる
    1920年(ソ連時代) スターリングラードに改名
    1956年(ソ連時代) ヴォルゴグラードに改名 現在に至る

    第2次世界大戦において、戦局の転換期として「スターリングラードの戦い」は、世界中に知られことになります。日本の世界史の教科書の本文にも太字で登場するほどの地名です。

    なぜ?ロシア南部のスターリングラードの戦いが、歴史に残る戦いになったのでしょうか?

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。