• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

“ステロイド抜き”で逆転KO負け。それでもわからない、アリスターの正体■橋本宗洋
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

“ステロイド抜き”で逆転KO負け。それでもわからない、アリスターの正体■橋本宗洋

2013-02-12 21:52
  • 1
 ちょっと試合から時間が経ってしまったが、やはりアリスターのことは書いておきたい。『UFC156』でアントニオ・シウバと対戦したアリスター・オーフレイムは、3ラウンドにパンチの連打で大逆転KO負けを喫した。
 その敗因として、おそらく誰もが考えるのがステロイドだ。アリスターは薬物検査の結果テストステロンが検出され、出場停止処分を受けていた。本人は釈明をしたが受け入れられなかった。今回は復帰戦。“ステロイド抜き”の彼がどんな試合をするのか、どこまで強いのかに注目が集まっていたとも言える。
 そういう試合で負けたわけだから「それ見たことか」という反応が多くても不思議はない。というか当然の話だ。中には「ステロイド抜いたらただの人」みたいなことを言うファンもいて、いやさすがにただの人ってことはないと思うが、それくらい“アリスターといえばステロイド”というイメージも強かったということ。
 ただ試合を
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
くそ記事 内容薄っす オナニー記事で金とるんじゃねえよ
24ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。