• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

2020年プロレス界の顔ジョン・ モクスリーが開く新日本☓AEW禁断の扉
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2020年プロレス界の顔ジョン・ モクスリーが開く新日本☓AEW禁断の扉

2021-03-04 18:00
    f287ed96b23859d1660bb1206f1fed8e4bc2862d
    アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマは「ジョン・ モクスリーが開く新日本☓AEW禁断の扉」です!




    「身体中が痛えぜ! 息をすると、耳鳴りもする。唾を飲み込むと、血の味がする。だが、この感覚が好きでたまらねんだよぉ。最高だぜ!」

    2月27日(日本時間)に配信された新日本プロレスのアメリカ大会で、 対KENTAとのIWGP USヘビー級王座戦を防衛した第8代王者ジョン・モクスリーは、およそ1年ぶりとなる新日本プロレスでの試合を終え、このように吠えた。

    意気軒昂なモクスリーは、US王座戦の1週間前に配信されたジョシュ・バーネット主催によるノーロープリングの格闘技ルールプロレス大会「ブラッドスポート〜血闘第五章〜」にも参戦。新日本プロレスの常連外国人だった強豪デイビーボーイ・スミス・ジュニアを必殺技デスライダー(パラダイムシフト)でノックアウト勝ちを収めている。

    「このブラッドスポートは、プロレス本来のあるべき姿だ。派手な演出もねえ。なんの飾りもねえ。ハードヒッティングなレスリング。まさにプロレスリングだ。それに、血を流しあったデスマッチを思い起こさせる。俺たちはリングでダンスを踊るんじゃなくて、お互いを傷つけあうために闘うんだからな」

    鼻息も荒いモクスリーは、先日発表されたアメリカの業界誌「レスリング・オブザーバー」の2020年度年間アワードでは、MVP(レスラー・オブ・ザ・イヤー)、北米部門MVP、ベスト・ブローラー(最優秀暴れ者)、最優秀抗争(対エディ・キングストン)などを受賞。日米二大団体の王座を持つ二冠王として、コロナウイルス禍の2020年プロレス界を代表するレスラーとして選ばれた。

    現在、新日本プロレスとAEWの二大団体両方と契約している唯一のレスラー、ジョン・モクスリーは、あらゆる点に置いて別格とも言える存在であり、いまやその言動が常に注目され、話題の中心となっている。
    この続きと、アポロ菅原最終回、宮田和幸、橋本宗洋批判、佐伯繁、AKIRA…などの3月更新記事が600円(税込み)でまとめて読める「12万字・記事20本の詰め合わせセット」はコチラ


    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック! 1記事100円から購入できます!
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。