• このエントリーをはてなブックマークに追加
美しきRIZIN沖縄……RENAがたどり着いた“田園”
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

美しきRIZIN沖縄……RENAがたどり着いた“田園”

2021-11-23 13:04
  • 4
この記事はRIZIN沖縄を語ったDropkickニコ生配信を編集したものです(語り:ジャン斉藤)


【1記事から購入できるバックナンバー】



・【RIZIN.31】勝つことでみんなを喜ばせる選手はたくさんいる。だけど…■笹原圭一



RIZIN沖縄は絶対に盛り上がると思ってたんですけど、SNS上では前評判が悪かったんですよね。 Dropkickでも「RENAvs山本美憂にはこんなドラマがある!」という記事を28人の会員に向けて放ちましたが、やっぱり力不足でした(笑)。

沖縄大会は多幸感があっていい興行でした、本当に。オープニングVから素晴らしいんですよ。玉置浩二の『田園』に乗って、ラストシーンは砂浜で練習する山本美憂、それを見守るKIDの後ろ姿、そして試合の結末は……衝撃!

4ef5a7bfadc8cfb8e144f65fff7d2bb7e9d8f13f

今年のRIZINでいえば、一番のメインだったんじゃないですか。他の大会のメインがダメだったっていうわけじゃないですけど、「格闘技って素晴らしいな」って、しみじみと会場をあとにできるものだったという。

事前の煽り記事でも書きましたが、「この5年間、何をやってきたのか」と自分自身にも問いかけながら見守るから面白く見られるに決まってるんですよ。試合内容も最高でしたし。RENA選手も、美憂選手も5年前のだったら、ひょっとしたら見せ場なく負けていたかもしれないと見れる。 5年前の美憂選手だったら、下からの腕十字で一本負けしたかもしれない。5年前のRENA選手だったらあのまま封じ込められて判定で負けちゃうかもしれない。“ 5年前の自分”を乗り越えたうえでの激闘だったから重さを感じるわけですよね。
この続きと、朝倉未来とUFC、斎藤裕、金原正徳、佐々木健介、皇治……などの11月更新記事が600円(税込み)でまとめて読める「13万字・記事17本の詰め合わせセット」はコチラ


この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック! 1記事110円から購入できます!
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

懐かしい。
でも何より自分の目を引いたのはファイヤー原田!
サスケさんと対談とかしてたなあ。

No.1 2ヶ月前

東京ドーム大会のビーマイベイベーから始まり、沖縄大会の田園、素晴らしい解説ありがとうございます。

No.2 2ヶ月前

検索したら結局見れちゃうんでしょうけど本人がそんなに嫌がってた表紙を敢えて載せなくても、、

No.3 1ヶ月前

kamiproほんとに好きで家用と職場用2冊買ってたなぁ

No.4 1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。