• このエントリーをはてなブックマークに追加
「カネを返さないならベルトを燃やす!」老舗インディ団体の嘘と愛の結末
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「カネを返さないならベルトを燃やす!」老舗インディ団体の嘘と愛の結末

2022-07-02 00:00
  • 2
アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマは「カネを返さないならベルトを燃やす!」老舗インディ団体の嘘と愛の結末です!





1996年に創設され、主にアメリカ中西部インディアナ州を拠点に活動してきた老舗インディー団体IWAミッドサウスの創設者兼オーナー、イアン・ロットン(52歳)が、つい先日、長年付き合っていたガールフレンドのミスティ・ダンカンと婚約したことをSNSで発表した。

本来であれば、団体オーナーであり、かつてECWでも活躍したことのあるレジェンド、また米デスマッチ界に偉大なる足跡を残してきたイアンと、縁の下の力持ちとして彼を支えて続けてきたミスティの婚約発表は、祝福されてしかるべき吉報であった。

しかし、イアンとミスティの2人を祝う者は誰もいなかった。それどころか2人を罵倒、非難、嘲笑する声が殺到したのである。

「イアンの馬鹿」「嘘つきバカップル」などの罵詈雑言を浴びせられることになったイアンとミスティ。老舗団体を営む彼らがここまで嫌われたのには、ある理由があったのだ。
この続きと、佐藤大輔、『Breaking Down』、青柳館長、ターザン後藤などの7月更新記事が600円(税込み)でまとめて読める「13万字・記事17本の詰め合わせセット」はコチラ

https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar2113070

この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック! 1記事130円から購入できます!

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

胡散臭さがインディーの魅力だけど、お金関係、特に支払いが胡散臭くなるのはダメすぎる

No.1 1ヶ月前

ヲチが秀逸🎵

No.2 1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。