• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

山形をひろぐ2016〜序章
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

山形をひろぐ2016〜序章

2016-11-26 21:09
    大阪から6時間飛行機に乗れば
    「ホノルル」に到着する!
    しかし乗る物と方向を間違えれば
    6時間で到着する場所は「山形」だ!

    d3a7d7772c6d78d01837c315921bcbafe86b7e2f

    「日本演出者協会」という組織がある!
    演劇界からもマスコミ界からも
    だいたい12ヤードほど距離を置いて生きている私は
    案の定その組織には所属していない!
    その協会では毎年
    「演劇大学」なるイベントを開催しているらしく
    今年2016年から3年間は山形でそれを行うと言う!
    9年前に私が山形で開催したワークショップ
    「Royal Plant Yamagata」の受講生であり
    私が酔った勢いで命名した(と言われる)俳優
    「吹雪ビュン」は時と共に偉くなり
    「演劇大学 in やまがた」の実行委員長になっていた!
    恐らく「ビュン」は会議の席でこう言ったのだろう!

    「後藤ひろひと?
     あぁあいつね!
     非協会員だし
     なかなか面倒な奴だぜ!
     けどまぁ奴を呼び出せるのは
     ・・・俺しかいないんじゃないかな?」

    かくしてビュンからの
    ”お願いします”を連発する恐ろしく丁寧な招待状が届き
    私はワークショップを行うべく
    一年半ぶりに帰郷する事にしたのだった!

    「んだらちと早ぐ来て俺のイベントさも出でけねがっす?」
    (ならば少し早く帰郷して
     私のイベントに出てもらえませんか?)

    噂を耳にして私に連絡して来たのは
    あの”山形の怪人”こと「ミッチーチェン」だった!
    知り合った頃には
    結婚式の余興などでくすぶっていた彼だが
    今ではずいぶんと山形での知名度も上がり
    テレビでも活躍しているらしい!
    そんなミッチーチェンが言う事には
    なんでも全国の鍋料理を一同に集め
    日本一の鍋を決めるイベント
    『平成鍋合戦』に
    審査員として出演して欲しいと言うのだ!
    面白そうなので快諾してみた!

    01dbf04c93e4ff00938cc2f3528b9b9fa87a605e

    こんなポスターが山形に貼られ始めたものだから
    帰郷の噂が更に噂を呼び
    ラジオ出演やら宴会やらが次々と申し込まれ
    私は生涯で最も「ひろぐ」帰郷を果たす事となったのだ!

    私が山形に滞在する間に
    大阪では「牧野エミ」を追悼するイベント
    『エミちゃんまつり2016』が行われていた!
    本来ならば私も
    狂乱の司会者「レバもんた」として
    出席したいところだったが
    「山形にいるので出席できません」
    とLINEグループでことわりを入れた!
    するとだ!
    「私もです!」
    というような発言をしたのが
    「キッチュ」こと「松尾貴史」だった!
    「私もです」とはどういう事か!
    ”その書き方ではあなたまで山形にいるように見える”
    と厳重注意すると
    なんと!
    本当に山形にいると言うのだ!

    山形駅に到着した私は
    実家へ寄る事もせず
    「シバタモデル」には寄ったが)
    そのまま繁華街「七日町」に向かった!
    私は山形の飲み屋をあまり知らないため
    山形のラジオパーソナリティにして
    ”きれいどころ”の異名を持つ
    「塚本順子」ちゃんにお店の予約を依頼していた!
    私からのいきなりな連絡が
    「キッチュと三人で飲もう!」
    だったので「順子ちゃん」はかなり困惑していた!

    私が知る限り
    ”かつては「丸久」前のお蕎麦屋さん”
    だった「Machi-Ya 傅々(でんでん)」
    古民家を改造したとても素敵な居酒屋だった!
    山形を訪れる事があれば是非行ってみるといい!
    郷土料理をほおばりながら
    次々とありったけの地酒を注文し
    キッチュと私は相変わらずのぐだぐだになった!
    不可解な話題と強すぎるボケ&ツッコミに
    順子ちゃんは大きく混乱していた!
    いくつも披露される手品と
    ”飲み屋で手品をする奴は最低”という罵声が
    店中に飛び散った!
    ごめんよ順子ちゃん!
    我々はいつもこうなんだ!
    大阪でしょっちゅう一緒に飲んでは騒いでいるキッチュと
    わざわざ山形でまで飲まなくてもいいのだが
    これもまたなかなか強い「ひろぎ」となった!

    046acafc6615bedda6a7b975e583009e27fef76c

    ぐだぐだな状態で実家に帰り
    まともに「ただいま」と言えたのは
    翌朝の事だった!

    『平成鍋合戦』会場はミッチーチェンの地元
    「天童市」だった!
    「モンテディオ山形」のホームである
    「NDソフトスタジアム山形」の広い駐車場に
    全国から集まった鍋料理の屋台が並ぶと言う!
    私の実家からそこまでは自動車で30分ほどだ!
    通常ならば運転手として実父「ごんぼちゃん」を雇い
    愛車「ゴンボルギーニ」で向かうところなのだが
    イベントが終わる夕方まで
    老いた父親を寒空の下に待たせるわけにはいかない!
    私はあわてて”一日マネージャー”を探したのだが
    頼りの吹雪ビュンは『演劇大学 in やまがた』で
    手いっぱいの様子だった!
    ここで私は生涯最大の思い切った決断をしてみた!

    「市長秘書をしている君ならば
     私の一日マネージャーなど簡単なものですよ!」

    現在では山形のとある市の市長秘書を務める
    中学時代の初恋の女性「まきちゃん」に連絡したのだ!
    我ながら無茶をしたものだと反省していたのだが
    返ってきたメッセージに歓喜した!

    「私でよければ!」

    中学三年生のある冬の放課後に
    ふられて終わった恋だったが
    今では大切な想い出を共有する大事な友人だ!
    帰郷した際にはしばしば彼女を食事になどに誘い
    「なぜあの時に私をふったのか?」
    を問い詰めたりしている仲だ!
    私は『平成鍋合戦』の事などすっかり忘れ
    心の優先順位を
    まきちゃんと共に一日を過ごせる方に切り替えた!
    ミッチーチェンには
    「大切な女性が一日マネージャーとして同行するので
     私よりも大切に扱うように!」
    と念を押しておいた!

    写真は
    『出発前にママに毛づくろいされる息子』!

    501657f804b79ad73f3b443885844b6476f78073

    美人マネージャーの運転する車で
    懐かしい想い出話などをひろぎながら
    大盛況の会場にたどり着くと
    そこには奴がいた!
    ミッチーチェンの分身にして
    唯一無二の山形弁ラッパー
    「MC GATA」だった!
    更にはMC GATAの相棒で
    本業が板金屋さんだという「バンキング」や
    LINEグループ「山形芸能戦略本部」で知り合った
    ダンサーの「SHIMA2(シマニー)」もいた!
    SHIMA2とは文字通信だけの付き合いだったので
    会えた事がとても嬉しかった!

    002ed393fd7bd70df7df49c2260c9c2b84d5e5d9

    そんな悪童共はステージで
    新曲『アガスケのススメ』を披露した!
    「ほだな馬鹿さゆたてしょーない!」
    (そんな馬鹿に言ってもしょうがない)
    を連呼する山形弁ラップの新作で
    前作『帰郷』と並ぶ名作だ!
    発売されれば
    かなりのローカルヒットが予想される!
    タイトルの「アガスケ」は
    標準語に似た物が無く翻訳は不可能なのだが
    唯一関西弁の「いちびり」が最も近い!
    近々プロモーションビデオが完成するそうなので
    完成すれば『ひろぐ』でも紹介したいと思う!
    しかしこの新曲!
    歌詞の多さと振り付けの激しさから
    歌い切った後のMC GATAは
    まるで試合後の大仁田厚のように
    マイクを手にして
    ただぜぇぜぇと呼吸だけを響かせていた!
    新曲がまだ自分の物になっていない事は
    目で見て明らかだった!

    やがて”天童の悪ガキ”MC GATAは
    ”エセ善人”ミッチーチェンへと変身し
    彼の司会で鍋の審査会が開始された!

    0d046c75de852b7b77d493cd7e9dac218220e612

    30を越える出店の中から
    一般投票によって選ばれた
    5つの鍋料理を食べて
    優勝を決めるという内容だったのだが
    そんな物どれもおいしいに決まっている!
    楽に考えていたが
    どうにも難しい職務だった!
    しかも審査員として隣に座っていた
    イラストレーターの「杏耶(あや)」ちゃんが
    あまりにもかわいらしい大食漢だったため
    鍋の審査以上にどきどきしたのだが
    客席では憧れの美人マネージャーが
    じっとこちらを見ているので
    杏耶ちゃんとはあまり絡む事もなく審査を終えた!

    7e8a7cb0e468c7083dcd2567ffc76b1ed5ba1e9f

    そんな杏耶ちゃんからもらった彼女の本
    『ド丼パ!』
    『のんで東北たべて東北』
    とても面白かった!
    なんでも食べ物のイラストを描く事が専門らしく
    写真による食べ物紹介とは違った魅力を持つ
    不思議で楽しい漫画本だった!

    かくして優勝は
    「天童赤根 豚コロ鍋」!
    とんこつスープで
    根っこまでおいしい郷土野菜
    「赤根ほうれんそう」を煮込み
    その上に大きな豚の角煮を2つ!
    この野菜の価格暴騰期に
    それを300円で販売していたというのだから
    審査員の得点が高かったのもうなずける!
    天童市で行われて天童の鍋が優勝したわけだが
    ホームタウンジャッジは一切ない!
    本当にそれが一番おいしかったのだ!

    終了後は打ち上げに呼んでもらえると
    てっきり思っていたのだが
    ミッチーチェンより
    「かなり柄の悪い飲み会なので
     大王は参加するべきではない!」
    との警告を受けた!
    正直言って願ったりだ!
    なにしろそうなれば
    あとはずーっとまきちゃんと二人きりになれる!

    民謡『花笠音頭』にも登場する
    「若松観音」を二人で拝んだ!
    ちょいと急な山道では
    「きゃっ」と言ったまきちゃんに
    腕を掴まれたりした!
    死ぬかと思うぐらい緊張した47歳だった!

    翌朝になっても
    まきちゃんの「きゃっ」が忘れられなかったが
    ほんわかと実家にいれば
    「ママ」の猛烈トークを聞かされる!
    1分間に400ワードを盛り込んで来るママ・トークは
    聞くだけで体力を消耗する!
    しかもその1分には必ず一人か二人
    知らない人物が登場する!
    その人物から連鎖して
    次の1分にまた知らない登場人物達が出現する!
    集金に来る人や
    お店の店員さんなどを
    いきなり名前で呼ばないで欲しいものだ!

    登場人物が多いランキングBEST 5
    1.電話帳
    2.ママのトーク
    3.旧約聖書序文
    4.『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』
    5.♪ポケモン言えるかな?
              (2016年11月 ひろリサーチ)


    私は無限に増殖する登場人物から逃れるべく
    朝9時から後藤家の自転車
    通称「ゴトマソ・パンテーラ」号に乗って
    山形市内を巡った!

    道やお店もずいぶん変わってしまい
    何度も迷ってしまったが
    行きつ戻りつしながらも
    いくつもの場所でたくさんの想い出を拾い集めた!
    子供の頃に自転車で渡ろうとして池に転落した橋を
    今になって渡ってみたりもした!
    渡れた!

    ある裏道に差し掛かった時
    完全に忘れていた愉快な出来事を思い出した!

    小学校の頃
    友達とわいわい歩いて帰宅する途中で
    子猫が捨てられていた!
    誰も持ち帰る事はできないが
    せめて箱の中に何か食べ物を入れてあげよう
    という事になったのだが
    小学生のポケットからなど
    たいしたお金は出てこない!
    みんなで5円や10円や50円などを集めている時に
    絶対に100円以上持っていそうな友達が
    「俺は持っていない!」
    と言い出した!
    なのでみんなで
    「うそだ!」と言った!
    「お前絶対持ってるだろ!」
    「出せよ!」
    「いくら隠してんだよ!」
    とみんなで問い詰めていたまさにその時!
    自転車に乗った大人のお兄さんが
    我々の前を通り過ぎた後に引き返してきた!
    我々はそのお兄さんにものすごく叱られた!
    「そういう事をしていると
     ろくな大人にならない!」
    とまで言われた!
    我々は捨て猫に温情をほどこす事が
    どうやら悪い事なのだと解釈した!
    そして
    とても悲しかったのだが
    子猫を置き去りにしてその場を去った!
    だが!
    後に気づいた!
    お兄さんはどうやら
    我々が”かつあげ”をしていると判断したのだ!
    確かに一部分だけ切り取れば
    完全にそう見えてしまう!
    子猫には悪い事をしたが
    これはたいそう面白い事件だった!
    昔はそうやって
    見知らぬ人によく叱られたものだ!
    あのお兄さんは立派な人だったのだ!

    そんな事を思い出しては
    「ゴトマソ・パンテーラ」号を停める
    どうにも呑気なサイクリングだった!

    自転車ツアーを終えて帰宅すると
    もう昼の2時だった!
    悪友「しぶちん」が現れ
    「さぁ行こう!」
    と車に乗せられた!
    いつまでもママ・トークから逃げてはいられない!
    ここらでしっかりと困難に向き合おう!
    ママ!
    ごんぼちゃん!
    兄「よっと」!
    それに悪友「しぶちん」とで
    蔵王温泉一泊ツアーだ!

    『演劇大学 in やまがた』でのワークショップは
    一体どうなったのか?
    そんなのはまだまだ先の話だ!
    ここから更にひろぐ山形大冒険が始まるのだった!

    f2c72be05a4a359a53abea9836401f4a6d8413b6
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    ひろぐ
    更新頻度: 不定期
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥324 (税込)

    チャンネルに入会して購読