• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

Vol.128 国道6号線の除染開始に思うこと
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Vol.128 国道6号線の除染開始に思うこと

2014-05-13 17:00
    Vol.128
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              『そこそこ週刊・畠山理仁』

             国道6号線の除染開始に思うこと

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ●「除染」後の「通行自由化」。避難者の「愛」に頼ってはいけない
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     5月12日、環境省は帰還困難区域を通る国道6号線の除染を開始した。

    【参考・福島中央テレビ[FCTニュース]】
    帰還困難区域内の国道6号 自由な通行目指して除染開始
    http://www.fct.co.jp/news/#201405121191051

     このニュースを見て思ったことがある。

     国道6号線から東京電力福島第一原子力発電所正門に向かう信号(大熊町夫沢中央台)付近は、今でも車両内でも毎時二桁μシーベルトを記録するはずだ。

     2013年9月19日、安倍晋三総理大臣が福島第一原発を視察する際、タイベックに身を包んだ作業員が交差点付近の草刈りをしている横で、私は朝から安倍総理の到着を立って待っていた。私はその後も度々この場所を訪れている。今年も何度も通過した。しかし、いまだに二桁を切らない。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。