• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

[藤木TDC]「ビデオ・ザ・ワールド」休刊と裏ビデオ時代の終焉
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

[藤木TDC]「ビデオ・ザ・ワールド」休刊と裏ビデオ時代の終焉

2013-05-15 01:00
  • 1

9578d885d80568cc178fa5ae1674c4d1728db523

「久田将義責任編集 ニコ生ナックルズマガジン」

日本で一番危ないWEBマガジンが創刊!
『実 話ナックルズ』『ダークサイドJAPAN』元編集長の久田将義が、インターネットを通して新たな「アウトローメディア」を始めました。その名も「久田将義 責任編集 ニコ生ナックルズマガジン」。編集長の久田氏をはじめ、様々なアウトロー著者陣営がどの既存メディアでも露出できない記事をお届けします。(毎週金曜日に はその週のまとめ記事を配信)


<生放送告知!>





dfdf7b917d61dd0dc0d5671cc0c624f07c14935b

藤木TDC 寄稿記事 
「ビデオ・ザ・ワールド」休刊と裏ビデオ時代の終焉


「ビデオ・ザ・ワールド」という雑誌がこの連休明けに出た2013年6月号で休刊した。 
 ネット世代の読者は知ってる人も少なかろうから、まず基本的な情報から書いておこう。
「ビデオ・ザ・ワールド」は1983年から発刊され続けたビデオ情報誌で、とくに裏ビデオとAVの情報と批評に重きをおいた内容だった。80年代後半から90年代にはおそらく10万部以上発行していたのでは? 月刊誌としてはものすごい数字である。

b1ceec63038850fdadeaa0aef0ea9a1aa02f1edd

ことに裏ビデオ情報については質量ともに他誌の追随を許さぬレベルの高さで、全国の裏ビデオ販売店には客用のカタログとして同誌が必ず置かれていた。筆者もAV(表ビデオ)分野で86年頃より延々25年近くにわたって寄稿と連載を続けた。

拙著「アダルトビデオ革命史」(幻冬舎新書)は同誌を参考文献として書いたものだし、「アダルトビデオ最尖端」(コアマガジン)は同誌の連載をまとめた書籍だ。業界人の間でどういう受け止め方をされていた雑誌かについては安田理央氏のブログなどを探して読んでもらえば、抱えていた問題点も含めて少し理解していただけるかもしれない。

 休刊の理由は、
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
 かくして、オレが予言した通り、「エロ」はやがて廃れ、最後に愛が勝つのサ(笑)アーメン★  

 追伸:S田D、少しは瘦せろ~(笑)
85ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。