• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

今、世の中に求められているものは何かを考える(1,893字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

今、世の中に求められているものは何かを考える(1,893字)

2018-10-12 06:00
    今、世の中には何が求められているか?
    その一つとして、エンターテインメントコンテンツ(以下「コンテンツ」)があると思う。
    なぜなら、人々の余暇が増えたからだ。
    そして人は、まだ余暇にそれほど慣れていない。これまではたくさんの仕事があったから、それが時間を埋めるのに大いに役立っていた。しかし今は仕事が少なくなってきているため、余暇がどんどん増えてきている。

    そういうときに、コンテンツは余暇を埋めてくれる。だから、コンテンツの需要は高まっているのだが、その需要の高まりが急すぎて、コンテンツの創出が追いついていない。つまり受給のバランスが崩れている。これは大きなビジネスチャンスである。

    ところで、昭和の中頃、子供たちがなぜマンガを貪るように読んでいたかといえば、それは彼らが暇だったからだ。昭和の子供たちにはたくさんの余暇があった。それを埋めるものとして、マンガがものすごい勢いで広まった。

    マンガ
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。