• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

子どもたちに伝えたい「仕事がなくなる時代」のドラッカーのマネジメント:第27回(1,764字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

子どもたちに伝えたい「仕事がなくなる時代」のドラッカーのマネジメント:第27回(1,764字)

2019-11-14 06:00
  • 1
すぐれたアイデアを生み出すためには、その前提となる知識が必要だ。そして知識は、本から得るのが最も効率がいい。読む本は、尊敬する人や参考とする人、趣味が合う人から教えてもらったり、その人たちが読んでいるものを読んだりすればいいだろう。

そこで、次にだいじになってくるのは「読み方」である。というのも、本というのは読もうと思ってもなかなか読み進められないという難しさがあるからだ。それには技術や工夫が必要である。そのため、読み方についてのさまざまな技術書が出ているくらいだ。

そのためここでも、本の読み方について一つの技術をお伝えしたい。それは、本を読む以前にまず「ページをめくる」という方法だ。

俗に「積ん読」という言葉もあるが、本というのは、そう簡単には読み進められない。ぼくも長年、そのことに悩んできた。読みたくても気が進まない本は、仕方がないから手元に置いておくこととなる。すると、それがどんどん
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
最近はyoutubeの要約動画に期待してます。
どんどん要約のレベルも上がっていくと思います。
4週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。