• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

吉田正樹さんとの数奇な縁(2,600字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

吉田正樹さんとの数奇な縁(2,600字)

2019-11-22 06:00
    吉田正樹さんという、ぼくがお世話になった方の還暦のパーティーがあって、今(2019年11月21日)ぼくは東京に来ている。芝公園にあるプリンスパークタワー東京というホテルでそのパーティーは行われるので、ぼくは妻と娘を連れて福岡から上京してきた。

    吉田さんとはぼくがまだ放送作家として駆け出しの1993年に出会った。ぼくが25 歳のときだ。まだ最初の結婚もしていなかった。仕事を始めて3年目(放送作家としては2年目)で、なんとか仕事を形にしないと――ともがいていた時代だ。

    その時代に吉田さんは、輝くフジテレビの輝くバラエティ班の輝くプロデューサーだった。エースの一人だった。だからある種絶対的な権力があって、その輝きは目映かった。
    ぼくと吉田さんは9歳離れているので、そのとき彼はまだ34歳だったが、それにもかかわらずすでに大きな実績もあり、圧倒的な存在感を誇っていた。

    昔のフジテレビは本当にすごかっ
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。