• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

Wiiとは何だったのか?(1,540字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Wiiとは何だったのか?(1,540字)

2020-07-14 06:00
    好きなゲームの種類によって、「脳の使い方の好み」というものも分かるのではないだろうか。FPSが好きな人は、生理的快感に飢えている。ぶつ森が好きな人は、普段の生活にストレスを感じている。パズルゲームを好きな人は、知的好奇心を求めている。

    さて、そうしたカテゴライズとは無関係に、Wiiは2006年に発売された。このゲーム機は、売上げ的にbは大成功だったが、これまでにない奇妙な現象を巻き起こした。

    それは、制作者やソフトの多様性が失われてしまったことだ。ファミコン、PS1、DSのときのように、さまざまなメーカーがさまざまな種類のゲームを出して百花繚乱――という活況は形作らなかった。

    その代わりに、任天堂が一人勝ちした。この頃、任天堂の株価はうなぎ登りに登った。一時は8万円台まで行く(その後1万円くらいにまで下がる)。とにかく、任天堂の圧勝だったのだ。

    なにしろ、Wiiで100万本を超えたソフトは
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。