• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

正しさは嫌いだけれどそれを完全には絶ち切らない人(1,523字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

正しさは嫌いだけれどそれを完全には絶ち切らない人(1,523字)

2020-11-27 06:00
    最近、人と会うときは意識して与太話をするようにしているのだが、これが思いのほか受ける。思えば、このメルマガでも気がつくと与太話が多くなった。それはおそらく、ぼくの与太話の評判がいいからだろう。ぼくの与太話はなぜかそれなりに受けるのだ。

    ちなみに、ぼくがここでいう「与太話」とは、「世の中はこうなっている」ということを、エビデンスを抜きに、しかし説得力をもって語る――ということである。

    例えば、このメルマガでも何度か書いたが、日本の教育の不調は90年代に始まったのだが、その遠因はバブル時代の人手不足にあり、自国内に学歴の低いブルーワーカーを生み出す必要性が生じたことから、子供たちをあまり教育しなくなった――という話をすると、いつもたいてい喜ばれる。

    ただ、最近は「自動運転」の話をすることも多いのだが、こちらはあまり受けない。「自動運転が実現すると世の中こんな大変なことになりますよ」と言っても、
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。