• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

正解はあります:その20(1,853字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

正解はあります:その20(1,853字)

2021-02-25 06:00
    今回は、前回に引き続き「自分はなぜ生きているのか?」という哲学的な問いについて考えてみたい。

    「自分はなぜ生きているのか?」
    その直接的な答えは大きく二つあり、一つは「生まれたから」、もう一つは「まだ死んでいないから」だ。そして、前回は「なぜ生まれたか?」について考えたため、今回は「なぜまだ死んでいないか?」ということについて考えてみたい。


    ところで、多くの人はそもそも「なぜ自分は生まれたのか?」ということについては考えたことがあっても、「なぜ自分はまだ死んでいないか?」ということについてはあまり考えたことがない。「ほとんど考えたことがない」あるいは「全く考えたことがない」という人も少なくないだろう。

    しかしながら、「自分はなぜ生きているか?」ということを哲学的に解こうとすると、「なぜ生まれたか?」という問いと同じくらいに、「なぜまだ死んでいないか?」という問いも重要なものとして浮かび上が
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。