• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

正解はあります:その21(2,208字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

正解はあります:その21(2,208字)

2021-03-04 06:00
    「正解」というものの存在を知るには、哲学的感度を高める必要がある。そして哲学的感度を高めるためには、普段から哲学的な思考をする必要がある。

    普段から哲学的思考をするためには、最も身近な哲学的命題について、まずは考えてみる――というのが適当だろう。それが何かというと、「自分はなぜ生きているのか?」というものだ。

    この命題は、誰にとってもなじみ深い哲学的な問い――ということができるだろう。なぜなら、ほとんどの人間には「自意識」というものがあり、生きている中ですべからく「自分は一体何者か?」という哲学的な問いを抱くからだ。

    それを抱いたとき、答えの一つして「生きている人間」というものが出てくる。なぜなら、そもそも生きていなければこの問いは出てこないし、人間でなければ同様にこの問いは出てこない。どんなに頭のいい犬や猿でも、「自分は一体何者か?」などということで悩んでいる姿は今のところ確認されていな
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。