• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「クライシスマネジメントの本質」という本はぜひ読んだ方がいい(1,718字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「クライシスマネジメントの本質」という本はぜひ読んだ方がいい(1,718字)

2021-03-05 06:00
    みなさんは「大川小学校」を知っているだろうか?

    名前は聞いたことがあるかも知れない。東日本大震災で多くの子供や教職員が津波に飲み込まれた、悲劇の舞台として。

    ただ、その裏に何があったか――ということについては、ご存じないのではなかろうか。実は、ぼくもほとんど知らなかった。それは、単に津波のもたらした大きな犠牲の一つかと思っていた。

    ところが、そうではなかった。これは人災だった。大川小学校の子供や教職員たちは、死んだのではなく殺されたのだ。それも、誤ったマネジメントによって殺された。ぼくは、そのことをつい最近知ったのである。

    知ったきっかけは、西條剛央さんの書いた『クライシスマネジメントの本質」という本を読んだからである。


    西條さんはドラッカー学会の会員で、学会の会合を通して知り合った。その西條
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。