• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

情報リテラシーはどうやったら身につくのか?:その31(1,550字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

情報リテラシーはどうやったら身につくのか?:その31(1,550字)

2021-05-11 06:00
    本質的に醜いものでも、表面的には美しいことが多い。だから、多くの人が本質の醜さに気づけないのだが、しかし本質的な醜さは、実は表面にも現れている。それは、「バランスの悪さ」という形で現れている。

    では、どのようにバランスが悪いかというと、「良すぎる」のだ。美しさが過剰なのである。どうしたって必要以上の美しさがそこに宿ってしまう。

    なぜかというと、本質の醜さを隠すためだ。いうなれば「厚化粧」なのだ。
    それに比べ、薄化粧だと本質が露わになる。だから、美しいか醜いかは判別しやすい。
    実際問題として、本質が醜い人は、それを隠そうとする場合がほとんどなので、厚化粧となる。そして、本質が美しい人は、むしろそれを表現しようとして、薄化粧になる。

    だから、本質的な美しさを見分けるためには、「厚化粧か薄化粧か」を見分けることだ。厚化粧で、美しすぎるものはむしろ警戒し、注意を払うべきである。化粧の美しさに惑わさ
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。