• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

マンガの80年代から90年代までを概観する:その6(1,909字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

マンガの80年代から90年代までを概観する:その6(1,909字)

2021-05-13 06:00
  • 1
マンガに親子でハマるためには何が必要か?

それは、「分かりやすさ」と「奥深さ」が同居することだ。分かりやすさで子供を射抜き、奥深さで大人を射抜く。

では、「分かりやすさ」とは何か?
それは、キャラクターが体現する「無意識における抑圧の解放」だ。
では、「奥深さと」は何か?
それは、「世界観の緻密さ」と「展開の裏切り」である。

例えば『進撃の巨人』は、主人公のエレン、ミカサ、アルミン、そしてリヴァイの誰もが「子供の抑圧を解放させる」キャラクターになっている。彼らは、子供が本質的にはしたいけれどもできないような生き方をしている。それに、子供は引かれるのだ。

この構造は、両さんや悟空や花道やルフィやゴンも全く同じである。アトムや飛雄馬やジョーも一緒だ。みんな、無意識における抑圧を解放してくれる。
これに、子供はノックアウトされる。自分が禁止されていることをキャラクターが体現してくれるため、「代弁
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
何故漫画は白黒の方がいいのか?なぜあまり電子書籍が普及しないのか?そこら辺も追求していただきたいです!
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。