• このエントリーをはてなブックマークに追加
マンガの80年代から90年代までを概観する:その8(1,680字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

マンガの80年代から90年代までを概観する:その8(1,680字)

2021-05-27 06:00
    ここで、名作マンガがその時代時代の読者の、どんな身体感覚に訴えかけたかを見てみたい。

    『新宝島』
    戦後の焼け野原で米軍のジープに憧れる子供たちの身体感覚。

    スポ根もの
    テレビでスポーツ中継を見、運動選手に憧れた子供たちの身体感覚。プロレス、ボクシング、そしてオリンピック。

    野球マンガ
    野球少年の身体感覚。

    ちばてつや
    戦後日本の窮屈な状況――特に狭い空間に閉じ込められた子どもたちの身体感覚。それを打破したいという夢をちばはマンガの画面で叶えた。『あしたのジョー』以外のちば作品は、いずれも「狭苦しさから脱却」をテーマとしている。

    70年代少女マンガ
    女性の自立(教師)と旧世界の抑圧(母親)によって引き裂かれた少女たちの身体感覚。それを最もよく表したのが萩尾望都。

    大友克洋
    SF映画の薫陶を受けた子供たちの身体感覚。テクノロジーによって移動がハイパーになることへの夢想。新しい乗り物への憧れ。
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。