• このエントリーをはてなブックマークに追加
令和日本経済の行方:その15(1,673字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

令和日本経済の行方:その15(1,673字)

2022-10-04 06:00
    昭和の時代、日本では「機械革命」ともいうべきものが起こった。機械が格段に進歩したのだ。それが世の中を大きく変えた。

    なぜ昭和の時代に日本で機械革命が起こったのか?
    発端は、19世紀の産業革命にまで遡る。この「革命」は、列車や紡織機が「蒸気機関」と結びつくことによって、生産性を飛躍的に増大させる――というものであった。これがまず、人間社会を根底から覆した。

    それに伴って、蒸気機関に使うための石炭を供給するインフラが構築された。そうして世界は一気に「石炭社会化」したのだが、そこでフォードが今度は「開発方式」による革命を起こす。その名も「フォード開発方式」を編み出し、また普及させることで、20世紀初頭、世界は一気に「産業社会化」した。

    この産業社会は、やがて第一次世界大戦を引き起こす。産業社会が生み出した激烈な「格差」が、決定的な対立を引き起こしたからだ。

    そうして第一次世界大戦が始まると、これ
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。