• このエントリーをはてなブックマークに追加
[Q&A]アントニオ猪木をどう思うか?(2,325字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

[Q&A]アントニオ猪木をどう思うか?(2,325字)

2022-10-05 06:00
  • 2
[質問]
アントニオ猪木さんが亡くなり、いろいろな映像や言葉が流れてきました。岩崎さんは、猪木さんに対してどのように思われていましたか?

[回答]
アントニオ猪木はぼくにとって理解が難しい人間でした。後年になってようやく「虚実皮膜だった」と分かるのですが、子供の頃は「虚実皮膜を作品でするのは分かるが自分でするのは分からない」という状態だったんです。アントニオ猪木にとっては、自分自身が「作品」でした。この感覚が、30代まで分かりませんでした。

ぼくにとって、作品とは外部にあるものです。そのため、絵とか作曲とか小説は分かりやすい。歌手は少し分かりにくいですが、レコードは外部になります。

しかしアントニオ猪木の場合は、自分自身の動きや声、それに生き方を作品としていた。それにはなかなか理解が及びませんでした。後年になって、いろんな人と接する中でぼく自身も自分を演じるような場面を持つようになり、「あ
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

猪木さんの分析、とても興味深く読みました。
そして、その後の小説の条件で書かれていたこととも合致していました。
猪木さんは、総合を実践し、ある意味で愚者で、そして遍歴していたからです。
自分自身が作品であり、小説的でもあったんですね。

No.1 2ヶ月前
userPhoto 岩崎夏海(著者)

>>1
猪木は小説家だったのですね。それは面白い視点ですね。

No.2 2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。