• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

具体的なアイデアの出し方(2,215字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

具体的なアイデアの出し方(2,215字)

2014-01-28 06:00
    ぼくは、「アイデアを出す」ということを一つの仕事としている。だから、これまで数え切れないくらいたくさんのアイデアを出してきた。
    その中で、「アイデアの出し方」というものもいろいろ研究してきた。ぼくがアイデアを出すときは、その「アイデアの出し方」に基づいて出す場合がほとんどだ。

    ところで、ぼくがアイデアを出す場合には、いくつか前提としている考え方がある。
    そのうちの一つが、「完全に新しいアイデアはこの世にはない」というものだ。これは、裏を返せば、何かのアイデアには、必ず元となる別のアイデアが存在するということである。
    もう一つは、アイデアは、何かと何かの掛け合わせで生まれることが多い――ということだ。何か元となるアイデアがあって、それを他のアイデアと掛け合わせる。そうすると、そこに化学反応のようなものが生まれて、新しいアイデアが生まれる。

    この二つの考えを元に、アイデアを練るのである。
    そうして、ぼくが
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。