• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ライトノベルの書き方:その14「キャラクターの造形方法」(1,755字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ライトノベルの書き方:その14「キャラクターの造形方法」(1,755字)

2015-04-14 06:00
    これはライトノベルに限らない話なのだが、読者が小説のどこに注目するかというと、まずはなんといっても「ストーリー」である。人はほとんどストーリーに注視して小説を読み進める。
    だから、その意味ではシチュエーションもキャラクターも、読者の意識には上ってこない。そしてそれゆえ、シチュエーションやキャラクターはストーリー以上にだいじなのである。なぜなら、読者の無意識に訴えかけるため、ストーリー以上にその小説に対する好き嫌いの感情を決定づけるからだ。

    今回は、そんなキャラクターの造形方法について見ていきたい。
    といっても、小説のキャラクターには、長い歴史の中で決定づけられた型のようなものがある。そこでまずは、その型から見ていく。

    それは、主人公の造形についてである。物語の主人公には、基本的に二つの型しかないといわれている。それは「ハムレット型」と「ドン・キホーテ型」だ。

    まず「ハムレット型」だが、これ
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。