• このエントリーをはてなブックマークに追加
Vol.487 結城浩/初学者に教える/中学二年の進路/ネタを先に書かれてしまう/証明の書き方/再発見の発想法/
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Vol.487 結城浩/初学者に教える/中学二年の進路/ネタを先に書かれてしまう/証明の書き方/再発見の発想法/

2021-07-27 07:00
    Vol.487 結城浩/初学者に教える/中学二年の進路/ネタを先に書かれてしまう/証明の書き方/再発見の発想法/

    結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2021年7月27日 Vol.487


    目次

    • 凡打を恐れていてはホームランは打てない
    • 中学二年、進路を考える - 学ぶときの心がけ
    • 書きたいネタを先に書かれてしまった経験はありますか - 本を書く心がけ
    • 「◯◯の定理より」という断り書きは必要か - 学ぶときの心がけ
    • 初学者がつまずくポイントを押さえるにはどうするか - 教えるときの心がけ
    • ソーシャルグラフ - 再発見の発想法

    はじめに

    結城浩です。

    いつもご愛読ありがとうございます。

    「真夏の読書フェア」半額セール!

    アマゾン、楽天、hontoなどネット書店で「数学ガール」&「数学ガールの秘密ノート」の両シリーズ電子書籍が50%オフのセールになっています。

    ◆数学ガール(アマゾン)
    https://www.amazon.co.jp/dp/B07B6TVR3W/?tag=hyuki-22

    ◆数学ガールの秘密ノート(アマゾン)
    https://www.amazon.co.jp/dp/B079VYC9F5/?tag=hyuki-22

    ぜひ、この機会をご利用ください(2021年8月5日まで)。

    * * *

    読書感想文の話。

    夏休みの宿題で「読書感想文」が出ることがありますよね。

    「夏休みの読書感想文を書くためにまず自分で本を書き、その後でその本の感想文を書く」ということをやった人はいるでしょうかね。私の想像では「いる」ですけれど、さてどうでしょう。

    たとえば現代なら、ネットで電子書籍を「出版」する生徒がいてもぜんぜん不思議じゃないですよね。それを「宿題」という枠に入れるのが適切かどうかはさておきますが。

    ちなみに「まず書評を先に書いて出版してから、その書評にあった本を書く」をやろうとした人はいます。筒井康隆です。実際に本を書いたかどうかまでは知りません。筒井康隆『本の森の狩人』の中に出てくる『人がみな狼だった時』という本の書評がそれです。

    ◆筒井康隆『本の森の狩人』(岩波書店)
    https://www.iwanami.co.jp/book/b268094.html

    * * *

    それでは、今週の結城メルマガも、どうぞごゆっくりお読みください。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2021/09/21
      Vol.495 結城浩/私設図書館を作るなら/作業ログが教えてくれること/好きなことが得意じゃない/院に行きたいけど周りは就活/再発見の発想法/
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。