• このエントリーをはてなブックマークに追加
Vol.495 結城浩/私設図書館を作るなら/作業ログが教えてくれること/好きなことが得意じゃない/院に行きたいけど周りは就活/再発見の発想法/
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Vol.495 結城浩/私設図書館を作るなら/作業ログが教えてくれること/好きなことが得意じゃない/院に行きたいけど周りは就活/再発見の発想法/

2021-09-21 07:00
    Vol.495 結城浩/私設図書館を作るなら/作業ログが教えてくれること/好きなことが得意じゃない/院に行きたいけど周りは就活/再発見の発想法/

    結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2021年9月21日 Vol.495


    目次

    • 私設図書館を作るなら、どんなコンセプトにしたいか
    • 作業ログが教えてくれること - 仕事の心がけ
    • 好きなことが得意じゃないとわかったけれど
    • 大学三年生、院に行きたいけれど周囲が就活しているので不安 - 人生を歩む
    • BYOD - 再発見の発想法

    はじめに

    結城浩です。

    いつもご愛読ありがとうございます。

    『数学ガール』を「解剖」した話。

    2021年5月の結城メルマガVol.477で「『数学ガール』を解剖する」という話題をご紹介しました。東北大学の高村博之先生が行った令和3年度基礎ゼミ 21「『数学ガール』を解剖する」は、結城が書いた『数学ガール』を学生さんが読み、さまざまな観点から分析&発表をするというものです。

    ◆東北大学の基礎ゼミ「『数学ガール』を解剖する」のシラバス

    20210916090825-41729dc9a7a287f6.jpeg

    先日、結城あてに高村先生が受講者の感想集を送ってくださいました! 私信なので残念ながら公開はできませんけれど、非常におもしろく、また私自身がたくさん教えられる内容を含んでおり、思わず夢中になって読み通しました。

    このような素敵な「基礎ゼミ」を開講してくださった、高村博之先生ならびに、受講なさって感想を送ってくださった学生さんたちに深く感謝します。

    「『数学ガール』を解剖する」は、東北大学の1年次に開講される「基礎ゼミ」の一つで、受講生は文学部・教育学部・経済学部・医学部などに所属する多様な方々(24人)でした。24人はかなり多く、人気の基礎ゼミだったとのことです。

    ◆東北大学基礎ゼミ
    http://www2.he.tohoku.ac.jp/center/keiji/info/r3_kiso_syllabus.pdf

    ゼミの内容は、数学・教育・認知科学・文学・デザインならびに学際的な視点で『数学ガール』を読み、そこで得られた知見を発表するというものです。結城に送られてきたのは受講生さん各人が1〜2ページにまとめてくださった感想集です(もちろんその受講生さんの承諾と協力を得て送られたものです)。

    多様な観点からじっくりと半年取り組んだゼミの後に、受講生さん各人によって書かれた、こんな感想集を読めるなんて『数学ガール』の作者として「この上ないごちそう」をいただいたような喜びです!!光栄なことですね。

    この基礎ゼミ「『数学ガール』を解剖する」を担当してくださった東北大の高村先生は、公立はこだて未来大にいらしたときには、講演集『数学ガールの誕生』のもとになった講演を企画してくださいました。

    ◆講演集『数学ガールの誕生』
    https://birth.hyuki.net/

    そのきっかけは、高村先生の学生さんがコミック版『数学ガール』を卒業研究のテーマに選んだことにありました。

    ◆卒業研究に使われたコミック版『数学ガール』
    https://www.amazon.co.jp/dp/B07V9X7JXQ/?tag=hyuki-22

    何度も書いていることですが、「数学ガール」シリーズを書き始めたきっかけはWebに公開した短いワンシーンでした。図書館でミルカさんと「僕」が回転について話すシーンを描いた「ミルカさん」という文章です。

    ◆ミルカさん
    https://www.hyuki.com/story/miruka.html

    長さにしたら1000文字にも満たない、400字詰め原稿用紙で二枚と少し。2004年に書いたそんなちょっとした文章が、十数年後にはこんなに大きな広がりを見せるなんて、本当に驚きと感謝でいっぱいになります。

    ちなみにこの「ミルカさん」という文章、いま読み返して気付いたのですが、「数学ガール」シリーズで重要な役割を果たす《対話》と《二つの世界》というテーマがちゃんと織り込まれていますね!

    さまざまな出会いに深く感謝します。

    * * *

    Mond(モンド)の話。

    Mondは新しくできたサービスで、サイトに寄せられた「問い」に対して、さまざまな分野の回答者が「答え」を書くというものです。

    結城も回答者の一人としていくつか「答え」を書いています。お時間があるときに見ていただければ感謝です。

    ◆いいラブレターを書く方法を教えてください|Mond
    https://mond.how/topics/sh4q14yio8bgxbg/sk0cd9b9ak5o97c

    ◆子どもの頃に受けて良かったと思う教育は、どういったものがありますか?|Mond
    https://mond.how/topics/ftqxqez5g91vulm/j1cxq17wliiibo8

    ◆何か作品・サービス・論文を作っている際中は楽しいと感じますか、それとも苦痛ですか?|Mond
    https://mond.how/topics/4vznvcknr1n0lyg/d2or9wo2wbzc9bs

    ◆結城浩|Mond
    https://mond.how/hyuki

    * * *

    それでは、今週の結城メルマガも、どうぞごゆっくりお読みください。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。