• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

Vol.166 結城浩/『不安について』 - 結城浩ミニ文庫/仕事の心がけ/未来につながる仕事/
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Vol.166 結城浩/『不安について』 - 結城浩ミニ文庫/仕事の心がけ/未来につながる仕事/

2015-06-02 07:00
    Vol.166 結城浩/『不安について』 - 結城浩ミニ文庫/仕事の心がけ/未来につながる仕事/

    結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2015年6月2日 Vol.166

    はじめに

    おはようございます。 いつも結城メルマガをご愛読ありがとうございます。

    歴史的に暑かったという2015年の5月が過ぎ、 早いもので今年ももう6月なのですね。 日付は進むけれど、仕事はなかなか進みません(涙)。

    先週末には個人的にいろいろとありまして、 今週の頭はちょいとお疲れ気味です。

    しかし! そんなことも言っていられませんので、 気持ちをさくっと切り換えて、 今日もていねいに進みましょう。

    そうそう、今週は高校生向けの講演会があるのです! 若い人に向けておしゃべりできるのは、とても楽しみ。 私自身がそのプロセスの中で学ぶことが多いからでしょうか。 しっかり準備し、備えていきたいと思います。

    なお、この講演会はその学校内のクローズドなイベント…… というか特別授業のようなものですから、一般参加はできません。 講演内容については、うまく読み物という形にまとまりましたら、 この結城メルマガで配信したいと思います。

     * * *

    画像の話。

    Unsplash.comというサイトが気に入っています。

     ◆Unsplash
     https://unsplash.com

    このサイトは、

     ・高画質の美しい写真を、
     ・無条件で利用できるようなライセンスで公開し、
     ・定期的に更新する

    という特徴を持っています。

    通常の画像サイトですと、画像を使うときにクレジットを提示したり、 サイトへのリンクが必要になったりするのですが、 この Unsplash.com は違います。

     ◆Unsplash License
     https://unsplash.com/license

    "do whatever you want"というとおり、 何でも自由に好きにして良いというライセンスです。 クリエイティブコモンズのCC0というものですね。

    定期的に更新(10日間に10枚ずつ)していますので、私も定期的にチェック。 お気に入り画像として保存し、 ちょっとした雰囲気を出したいときに使っています。

     * * *

    わからなくなったときの話。

    学んでいて、わからなくなったときに、

     あああっ!
     だからオレはダメなんだあああっ!
     こんなこともわからなくてえええっ!
     オレは!ダメッ!ダメなんだああああっ!

    と思うのはやめたほうがいい。

    わからなくなったときは、 特に、わからなくなって泣きそうなときは、 ぐっと、涙をこらえて、

     どこまでは、わかるか。
     どこから、わからなくなったか。

    を見極めるのがいい。

    それはときに厳しい現実を見ることになるけれど、 幻想の中に生きるよりはいい。

    ……と、夜中に勉強しているときによく自分に言い聞かせます。 難しくてわからないときって、何というか、 ちゃぶ台をひっくり返したくなることがあるんですよね。 そして攻撃を自分に向けてしまう。

    でも、冷静になってみると、そうやっても話は進まない。 だから、ぐっとこらえて《見極める》ことが大事なんだと思う。

     * * *

    確率の話。

    確率1/2で当たるクジを2回引いたとします。 そのとき、一度も当たらない確率はいくら?

    二回とも外れる確率ということだから、 もちろん、1/4 = 0.25です。

    では、確率1/100で当たるくじを100回引いたとき、 一度も当たらない確率はいくら?

    確率1/100なんだから、100回引いたら1回くらいは当たりそうなものですよね。 でも一度も当たらない確率は意外に高い。 外れる確率0.99の100乗なので、 計算すると約36.6%の確率で一度も当たらないんです(!)

    さらに一般化すると、1/nの確率で当たるクジをn回引いたときに 一度も当たらない確率の極限は1/eに収束するようです。

     ◆数学メモ
     http://mathmemo.textfile.org/?20150516222106

    確率は直観を裏切ることが多いもの。

    同じように統計も難しい。 たとえば「あるコインを2500回投げたとき、表が1300回出た」とします。

    コインが偏っていなければ、 表が出るのは1250回ぐらいでしょう。 でも、やってみたら表が1300回出たとする。 表が1300回ということは、1250回より50回も多い。 では、「このコインは偏っている!」と言えるのだろうか。

    実は、偏っていないコイン(表が出る確率が正確に0.5であるコイン)でも、 《2500回投げる》という試行を行ったとき、 《表が1200回〜1300回の範囲に入る確率》は約95%であることが計算からわかります。

     ◆数学メモ
     http://mathmemo.textfile.org/?20150518124157

    難しいものですね。

     * * *

    理解する話。

    結城が「群の定義」を初めて明確に理解したのは、 それを「自分の本」に書いたときである。

    自分が理解していないことを自分の本には書けない。 自分が理解して初めて書くことができる。

    文章を書くときにはいつも、

     この文章の内容を、
     自分は理解して書いているか?

    という問いかけを行う。 問いかけながら文章を書いているといってもいい。

     この文章の内容を、
     自分はほんとうに理解して書いているか?

    理解しているはずの内容を文章に書く。 文章を読み返して意味が通じるかを考える。 文章を読みつつ複雑な構造物を作り直し、 それが正しいかを確認する (そしてできれば、美しいかどうかも確認する)。

    いわば、執筆は「一人で行うゼミ」なんだね。

     * * *

    さて、それでは今週の結城メルマガを始めます。

    今回の結城メルマガは、仕事に関する読み物が多めです。 全体として何となく矛盾をはらんでいるような、 通常通りのような、そんな一通となっています。

    どうぞ、ゆっくりお楽しみください!

    目次

    • はじめに
    • 『不安について』 - 結城浩ミニ文庫
    • 経営者のなすべきこと - 仕事の心がけ
    • どの仕事をいつ行うか - 仕事の心がけ
    • あなたのこと、大好き!
    • 未来につながる仕事
    • おわりに
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。