• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

Vol.197 結城浩/老人対若者/結城さんは偽善者です/育休の話題から思うこと/スター・ウォーズの思い出/
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Vol.197 結城浩/老人対若者/結城さんは偽善者です/育休の話題から思うこと/スター・ウォーズの思い出/

2016-01-05 07:00
    Vol.197 結城浩/老人対若者/結城さんは偽善者です/育休の話題から思うこと/スター・ウォーズの思い出/

    結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2016年1月5日 Vol.197

    はじめに

    あけましておめでとうございます。

    今回は2016年最初の結城メルマガです。

    本年もよろしくお願いいたします。

    結城はファイル名に日付を使うことが多いのですが、 今年に入って何回も、

     2015……おっとっと、違う違う。
     もう2016なんだった!

    というタイプミスをしています。 今日はすでに三回くらいまちがえていますね。 くりかえし、2015と書きかけて2016に書き直しています。

    年が明けても、手はまだ昨年のままなのでしょうか。

     * * *

    新たな気持ちの話。

    新年になると何だか気分が改まる。

    新しい何かを始めたくなる。

    新年、まずやったのはiPhoneのホーム画面のアイコン配置を整理したことでした。 え、ええと……発想小さいですかね!

    でも、意外に、アイコン配置を整理すると気持ちが一新します。 きっと一日のうちホーム画面を眺めている時間が長いからでしょうか。

    ついでに、最近使ってなかったアプリを削除し、 使用頻度の低いものをまとめ、適当にアップデートも行いました。

    これまでiPhoneの壁紙には、 ニューヨークで撮影したグーテンベルク聖書の写真を使っていたのですが、 すっきりした抽象画に変えてみました。さらに気分一新。

    この感覚って大掃除と似ていますね。

     * * *

    とても嬉しかったツイートの話。

    『数学ガール』の中には「フィボナッチサイン」 というハンドサインが登場します。 仲間が1,1,2,3と指を出したら、それに5で応えるというもの。 これはフィボナッチ数列から作ったものです。

    このフィボナッチサインをテーマにして、 南部晃史さん(@Ackey_pp)が作成した歌があります。 さらにその歌にUTWorksさん(@u2rks)が動画を作成しました。 それがこちら。

     ◆【初音ミク】フィボナッチサイン【数学ガール】
     http://www.nicovideo.jp/watch/sm27652317

    そして、John114さん(@e_john114)が2015年末の最後の授業で、 生徒さんに数列クイズを出し、 このフィボナッチサインの歌と動画を試聴させたというツイートがこちら。

     https://twitter.com/e_john114/status/680198466518159360

    授業のたのしい様子が伝わってきて、結城は感激してしまいました。 子供達の声が聞こえそうです。

    フィボナッチ数列があって、 結城が『数学ガール』という本を書いて、@Ackey_pp さんが曲を作って、 @U2rks さんが動画を作って、@e_john114 さんが授業で使って、 そして、生徒たちが数学を楽しむ。これがすごく、すごく嬉しい!

     * * *

    ゲームの話。

    何だか気がつくと毎回ゲームの紹介しているみたいですね。

    それはさておき、最近のお気に入りパズルゲームはBeat Sneak Banditです。 これは「屋敷に忍び込んで時計を集めてゴールする」というゲームになります。 見張りのガードマンをかいくぐり、時計を集めます。

     ◆Simogo AB「Beat Sneak Bandit」(スクリーンショット)

    2016-01-04_bandit.jpg

    設定によれば、Duke Clockface(という名前の敵)が世界中の時計を盗んだので、 それをBeat Sneak Banditが取り返すというゲームのようですね。

    パズルゲームというと、隠された謎を解くとか、 画面のオブジェクトを動かして目的の形にするとか、 表示されたもの同士を線で繋ぐとか、 何らかの形で提示されている迷路を通り抜けるとか、 いろんなパターンがあります。

    Beat Sneak Banditは、 障害をくぐりぬけてゴールに至るという意味では迷路に近いのかな。 でも、このゲームならではの「ひねり」があります。 それは「リズムに乗ってタップしないと、キャラクタが前に進まない」 という「ひねり」です。

    ゲームは最初から一定間隔でビートが刻まれていて、 キャラクタを動かすためには、 それに合わせてタップする必要があります。 ガードマンの横をすり抜けるときも、 急げばいいというものではなく、 冷静で等間隔のタップが求められます。

    これがおもしろいのは、ゲームしているうちに、 ダンスを踊っているような感覚になる点。 ビートに乗ってゴールしたときの達成感は格別です。

     ◆Simogo AB「Beat Sneak Bandit」
     https://itunes.apple.com/jp/app/beat-sneak-bandit/id473689550

     * * *

    「?!」の話。

    辞書編纂のお仕事をしている飯間浩明さん(@IIMA_Hiroaki)が、 「?!」と「!?」はどちらが一般的か、というツイートをしていました。

     ◆「?!」と「!?」はどちらが一般的か。
     https://twitter.com/IIMA_Hiroaki/status/675126136830099456

    このツイートによれば、

     ツイッターで“What's this”を含む過去6時間の投稿を検索してみると、
     「?!」は26例、「!?」は8例で前者が多い。

    とのこと。また、日本の文章では「!?」が多数派とのこと。

    結城も気になったので、自分の原稿を検索してみました。 「数学ガール」と「数学ガールの秘密ノート」二つのシリーズ、 現行の11冊ぜんぶを調べたところ、「?!」は19個で「!?」は12個でした。

    眺めた感じでは、登場人物の「疑問の意識」が先に立つと「?!」になり、 「大きな声を出す意識」が先に立つと「!?」のように見えました。 でも、あまりきちんとは使い分けてはいないようです。

    なお、これは結城の手元にある原稿ファイルで調べたものなので、 出版される段階で変更や統一されている可能性もあります。 私自身はどちらでなければいけないとは特に思っていないので。

     * * *

    それでは、今週の結城メルマガを始めましょう。

    今回は、ちょっとあらたまった話題が多めかも。

    どうぞ、少しずつお読みください。

    目次

    • はじめに
    • 育休の話題から思うこと
    • 老人対若者という図式から思うこと
    • スター・ウォーズの思い出
    • 「結城さんは偽善者です」というメール
    • おわりに
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2021/03/02
      Vol.466 結城浩/高校数学教師を目指す/プログラムを読むのが遅い/文系学部から理学部を目指す/人間関係をくよくよ悩む/
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。