• このエントリーをはてなブックマークに追加
マンガは日本を変えられるか!? 第二話配信記念! レポート
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

マンガは日本を変えられるか!? 第二話配信記念! レポート

2014-03-24 18:00
    みなさん、こんにちは^^
     
    日本政策学校の学校プロジェクト、政策分析チームです。
    三連休が終わり、仕事に戻られた方も多いのでしょうか。
     
    本日は、日本政策学校チャネルにおいて3月21日(金)夜8時より配信しました
    マンガは日本を変えられるか!? 「SHIBUY@27530」第二話記念!
    ニコニコ生放送の報告レポートをお届けします!
     
    テーマは、渋谷区庁舎建て替え問題について。

    a4f49cfddadbb702abed53245bbc00e0fa26f75d

    左から、今回のゲストの中祥人先生(漫画家)
    織山和久さん(株式会社アーキネット代表取締役)
    金野索一さん(一般財団法人日本政策学校理事)
    そして、日本政策学校受講生です。

    ニコ生放送では、本日の論点である
     
    問題1 都市景観
    問題2 見積費用の整合性
    問題3 渋谷区民に対する周知
     
    についての、熱い議論が繰り広げられました。
     
    渋谷区庁舎は、耐震化を目的として、建て替えと耐震補強の両面から
    議論されるべきであったところ、区長より建て替えありきの姿勢が示され、
    建て替えの提案募集においても、募集要項に記載されるべきガイドラインや
    詳細の記述がなく、また、年末の12月27日の公募、1月10日の参加表明受付締切という
    短い公募期間も相まり、出来レースであるとの懸念の声が上がっています。
     
    本ニコ生で主張された、今回の渋谷区庁舎問題を考える上でのキーワードは、
    透明性の確保と、双方向性の議論、そして、渋谷らしさとは・・・。
    織山さんによりますと、渋谷区議会は上記の課題に
    全く取り組んでいないそうです。
     
    そのため、本ニコ生では、建て替えと耐震補強のメリット・デメリットを
    議論しました。本来は、区議会できちんと議論すべき
    論点であったはずです。そして、視聴者のみなさまがたの最終ジャッジは・・・
     

    d8ad4af496888d473cfd06d944726000e54372b1

    1. 全面建て替え(400億円以上) 27.2%
    2. 耐震補強工事(60億円ほど) 72.8%
     
    耐震補強工事の賛成多数という結果となりました。
     
    しかし、既にこの案件は三井不動産グループが優先交渉権を
    得ているそうです・・・。今後の渋谷区議会には、
    より開かれた政治を強く期待します。

    最後に、本放送についてのアンケートをとりました。

    f70ec0233a3346c406047d3c2abfcdb723b5bfed

    おかげさまで、1:大変よかった 54.7%をいただきました。
    より良いニコニコ生放送をお届けできるよう、スタッフ一丸となって、
    今後も取り組んで行きたいと思います。
     
    また、ニコニコ生放送と同時進行で、ソーシャルシンクタンクのWEBサイトでは、
    今回の渋谷区庁舎建て替え問題について、たくさんの方々からの
    貴重なご意見をいただきました。みなさん、ありがとうございました。
     
    今後とも、政策分析チームのニコ生配信にご期待ください!
     
    日本政策学校 政策分析チーム
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。