• このエントリーをはてなブックマークに追加
特南の歩き方 牌譜添削version
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

特南の歩き方 牌譜添削version

2020-02-13 15:00
  • 2
今日の牌譜添削はkeiさんです(以下Kさん)
手組や点数状況判断、対リーチ判断はなかなか良いと思います。

課題は対副露判断+副露も含めた構想ですかね。

e484206fc8269cdc4ca9e53e2f9e4a833968ae9d

下家はマンズの染めか、トイトイか、役牌か、チャンタか
といったところです。ここで上家から初牌の中:麻雀王国が打たれました。

073db76d7ba03ebd686fad1b2d43c362c74ea25e

対面からリーチが入って宣言牌の六萬:麻雀王国を下家がポン。

6cbb82af998046893fcea1239ccddfd2d1ed059d

中:麻雀王国が打たれた巡目から、下家は1度も手出しをしていないので
ここで下家に中:麻雀王国が放銃になるとしたら、中:麻雀王国単騎待ちにしか当たりません。

7953c2fb8f3e98c9745a4b8d8d714df32ddc6c1d

下家は手出しをしていないので以下同文です。

仕掛けを過大評価しすぎると損をする

この場合でいえば100%テンパイしている対面と
テンパイ不明の下家のどちらを評価すべきかといえば対面です。

八索:麻雀王国は見落としたとしても
その他で選ぶなら中:麻雀王国を選択したほうが良いですね。

d7822f64da7ecb25276c9565f8e1f3b4d3028d70

下家の親はソーズの染めに見えると思います。
自分の手は二索:麻雀王国五索:麻雀王国孤立牌で持つと、かなりアガリは厳しくなりますね。

時には鳴かせてしまうことも大事

この局面
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
現役麻雀プロがガチで「天鳳位」を目指すブログマガジン
更新頻度: 毎日
最終更新日:2020-02-18 12:00
チャンネル月額: ¥550 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

次回配信予定
  • 2020/02/19
    新九段坂奮闘記2 vol.3
  • 2020/02/20
    特南の歩き方 牌譜添削version
  • 2020/02/21
    現役麻雀プロがガチで天鳳位を目指すブログマガジンが選ぶ 2019Mリーガー神7 その7
userPhoto
kei
×
添削ありがとうございます!
副露全般に苦手意識があったので参考になりました、この記事を参考にしてもっと練習してみます!
6日前
userPhoto
木原 浩一
×
いつもありがとうございます

先に踏み込んで後のリスクを軽減するイメージで、受け入れが大差ないのなら打点ベースで、自分だけのドラを大切に、練習してみて下さい( ´ ▽ ` )ノ
5日前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。