• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

2列目の選択を考える
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2列目の選択を考える

2020-04-27 15:20
    b2be9ea79edc7959c091f7722ed3b5c57055c44a

    ドラが北:麻雀王国、仕掛けが2軒。
    もってきた白:麻雀王国をどうするか?

    もちろん点数状況や手牌によって判断は変わってきますが――

    5a4339d80c9dc8184090f9e39cd35dd015971d1e

    副露者=役有り可能性大 門前者=役の有無が不明 ですから
    全員が門前進行している時に役牌を絞ったりするのはナンセンスです。

    副露者に手役有り

    当たり前の事なのですが、副露者が1人の時よりも
    副露者が2人の時のほうが役牌を鳴かれる可能性は上がります。

    字牌のドラは単体では使えない

    ドラが中張牌ならば複数の人に使われている可能性は
    ありますが、ドラが字牌の場合はトイツ以上で使われます。

    この場合タンヤオは無視して構わないです。
    警戒するとしたらドラトイツ以上、となるとやはり――

    この程度の手牌、この点数状況では
    2列目に役牌を絞るようにしたほうが良いでしょう。

    3048a91dce2560b7919d07d8190321d645ebb845

    孤立の字牌を切ってリャンシャンテンに構えるのが普通です。

    17e0eb81333187be1df5f740b17436d5e39a1388

    3人門前の場合は3人無筋を積極的に逃がす

    もちろん点数状況や牌姿によりますが、この程度の手牌なら
    3人に対
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2020/07/15
      平均という指標の罠
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。