• このエントリーをはてなブックマークに追加
【Mリーグ】赤、ドラ切りの技術
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【Mリーグ】赤、ドラ切りの技術

2021-12-22 13:30
  • 5
8d929c6b837cde9d5f25c3315ec78c1bad8b3e45

東1局東家・魚谷選手が七筒:麻雀王国を切ったシーンです。
ドラが二筒:麻雀王国ですので自然な選択ですね。

1d82f61f490d5e8b274d009f52b05601f80ecd9e

次巡裏目の六筒:麻雀王国を引くと
躊躇することなくドラの二筒:麻雀王国切りとします(牌図A)

253b15a12b93c299934736fa0bc86960ef13a227

チャンタ三色まで狙える牌姿
魚谷選手は打四筒:麻雀王国とします。次巡裏目の三筒:麻雀王国を引くと――

53e4c696c784d1b3517d5fe99eb048bcce4c4460

こちらも躊躇なく五索赤:麻雀王国切りとします(牌図B)

赤、ドラ切りも技術のうち

魚谷選手は見切り時が良いプレイヤーです。また
躊躇なく選択することによって他家にも影響を与えています。

aadf450176ce9a61d7c07274ffa31371fc1c2a7a

たとえば(牌図A) たろう選手は
自風のを1鳴き、テンパイに取っています。

もしも魚谷選手のドラ切りが無かったら
この牌姿であれば1枚目はスルーしそうですよね。

376c1f700be9f7999a30519c1b2da1b5186e36c8

(牌図B)のシーンでは雀頭の定まらない
この牌姿から、堀選手がドラの南:麻雀王国を先切りをしています。

普段強気な手組をする堀選手にも
魚谷選手の五索赤:麻雀王国切りが影響を与えていると思いました。

常にチャージしていく姿勢が大事

この半荘、魚谷選手は全くテンパイせず
南場の親も落とし、南3局までノーホーラのラス目で
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

次回配信予定
  • 2022/05/27
    慣れとは本当に恐ろしいものである
コメント コメントを書く

最初の魚谷選手の局面は2p残しても良形残らないのに対して、7p残すと568pで良形残ることもあって、
自分なら迷わず2p切ってしまうんですが、
7p切って頭固定した方が良いのでしょうか?
赤5が黒5だったら7p切りますがどうなんでしょうか。

No.1 5ヶ月前
userPhoto 木原 浩一(著者)

いつもありがとうございます

2pを切っても構わないですが、3p引き、2p引きの7枚受けで破壊力大幅アップですので、あの巡目なら僕は残したいですね。1pを引いてもソーズのカンチャンターツよりも上位ターツになりますので、それもまた良しとしたいです。

No.3 5ヶ月前

21位は岡田プロと予想します!
当たってるか楽しみにしておきます笑

No.4 4ヶ月前
userPhoto 木原 浩一(著者)

いつもありがとうございます

鋭すぎますねw

No.5 4ヶ月前

ありがとうございます。自分は5ブロックを意識し過ぎている感があり、手なりで打ち過ぎていますね。
序盤のうちは打点を見ることを意識してみます。

No.6 4ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。